記事

一回冷静になって考える「Eテレ再編」問題 NHK改革議論で見失われている一番大切なこと - 西田 宗千佳

1/3

 NHK・Eテレの再編についてにわかに盛り上がっている。内閣官房参与に起用された高橋洋一氏が提唱したNHK改革についてのアイデアだが、さまざまな観点があり、反対・賛成両方の立場がある。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 筆者は「短期的には賛成ではない」という立場だ。理由は主に価値判断の面から、その可能性をあまり評価していないからだ。


©iStock.com

高橋氏の主張を整理する

 高橋氏の主張は、主に以下の点に集約できる。

・NHKの高コスト体制を是正するために、Eテレ事業をNHKから切り離す
・教育面で必要ならばネットで対応。コンテンツは国が買い上げたり民間が担当したりする
・Eテレの放送をやめた結果生まれる帯域を携帯電話に使う

 この中で、感情的な面も含めた強い反発があったのが、「Eテレをなくす」と言う点だ。Eテレには優れたコンテンツがあり、その価値は失われていない。そのため、「NHKからEテレをなくすなら、NHKの視聴料を支払う意味はない」という反発にもつながった。

 高橋氏の構想はEテレを全部やめるというものではないようだが、さて、「国がやる」「民間がやる」で教育向けコンテンツが成立するのか、という疑問は残る。良くも悪くもNHK、特にEテレは独立した存在であり、それが番組バリエーションを生んでいる部分もある。

 だが、そこについて筆者は(強い疑問はもつが)根本的な問題ではない、と思っている。「全てをネットで代替する」「携帯電話などにテレビの帯域を割り当てる」ということが、短期的に現実的なのか、という点に疑問があり、そこがこの構想の問題だと思っている。

「プラチナバンド」だけに注目すると陥る5Gの落とし穴

 まず、「携帯に使う」という点。たしかに、地上波テレビ放送で使われていて、各家庭まで映像を届けている電波には、携帯電話で「プラチナバンド」と呼ばれていて、遠くまで届くので重要で使いやすい700MHzに近い帯域も含まれている、というのは事実だ。

 電波は国が管理する不動産に似ている。全体で使える範囲が決まっていて、それをルールにしたがって分割して使う。使う周波数の幅を「周波数帯」といい、その幅=帯域が広いほど、送れる情報の量が多くなる。そして一般的に、周波数帯が「低い」方が遠くまで届きやすい。

 広くあまねく伝える必要がある、ラジオやテレビなどの「放送」は、現状、携帯電話よりも低い周波数帯が使われている。携帯電話でも、地上波に近い周波数帯である「プラチナバンド」と、より高い周波数帯の両方が使われている。

 だが、「Eテレを単純に止める」だけでは、携帯電話向けにリッチな通信ができるわけではない。

 まず極論を言おう。テレビは確かに、全体で470MHzから806MHzまでという、広大な周波数帯を使っている。だが、1チャンネルが使っている帯域は実は狭い。1チャンネルが占有する帯域は5.57MHz。これは、現在大手携帯電話事業者が700MHz帯で使っている帯域の半分強に過ぎない。

 すでに述べたように、帯域の広さは送れる情報の量に比例する。すなわち、「あんまり速くない回線」になり、多くの人の需要を満たしづらい、と言うことである。

 プラチナバンドでつながりやすいことは重要だが、今はつながりやすさと同様に「データ転送速度」も重要だ。特に5G以降では、いかに色々な周波数帯を使って広い帯域を確保し、快適な通信速度を実現するかが重要。今すぐだと、Eテレ1チャンネル分の狭い帯域を与えられても高いお金を出す事業者は出ないだろう。

5Gをいかしきるには「セオリー」がある

 ただし、すでに述べたようにこれは「極論」だ。

 実際にやるとしたら、単純に空いたEテレのチャンネルだけを使う、などということはしないだろう。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。