記事
  • krmmk3

お値段3万円! のChromeBookでAndroidタブの夢を見る

1/2
年内の大きな仕事を全部終え、あとは通常業務と伝票作業(・・・面倒くさい)を残すのみ、で事実上わたしの今年は終わりました。まぁ仕事そのものは大みそかのギリギリまでやるんですが。年の終わりと言えば、ねぇ、やっぱり物欲を満たしたいじゃないですか。一時流行った?「自分へのプレゼント」ってやつです。

ですが、物欲を満たすものがなかなか売ってないわけですよ。新CPUのZen3は売りた上に全然入ってこないらしく、在庫はRyzen5だけで他はBTOでも買えないありさまです。そもそもわたしが望んでいるTDP65Wの8コアが出てませんからRyzen7の在庫あっても買わないんですが。最新型ゲーム機のPS5もこれまた抽選が開始されることがニュースになるほど品薄で買うってレベルじゃなし。

そのせいか日本限定で売れないゲーム機のXBOXですら品切れという驚きの状況です。これも今年初めごろ「スナッチャー」目当てで買ったPCエンジンminiがまだ十分遊べるので据え置きゲーム機も当分いいかな? と思ってますし。

じゃぁ買うものがないか? というとそうでもないのですが、お値段とのバランスでもう一つ買う気にならないけど、気になっていたものがあります。LenovoのIdeapad Duetという、ノートパソコン・・・というよりChromeBookです。

一度ChromeBookというものを使ってみたかったんですよね。で、使うならこのIdeapad Duet一択と考えていました。どうもわたしがノーパソ系を使うと毎回Lenovoですが、別に回し者じゃありません、ちゃんとわたしの需要にマッチした製品を作っているのが毎回Lenovoだというだけです。気にはなっていたんですが、わたしの考えるコスパからいうとちょっと高い気がしていたんです。

ところが、先日から期間限定でそのIdeapad Duetが9900円引きの!クーポン適用というセールをやっているんです。Amazonだと普段は39800円なんですが、今回のクーポン利用で29900円まで安くなります。約3万円なら、まぁ納得できるな? と思って飛びついてみました。

【Amazon.co.jp 限定】Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad Duet 10.1インチ 日本語キーボ...
OS:Chrome OS、CPU:MediaTek Helio P60T プロセッサー、2.0GHz
Lenovo
価格の横にクーポンのチェックがついており、入れると9900円引きになります。

知っている方が大半だと思いますが、一応おさらいとして。
ChromeBookはGoogleが開発しているOS、ChromeOSをインストールしたPCで、ほとんどはクラムシェル方式のノートPC型で販売されています。ChromeOSの特徴としては
1.ブラウザのChromeで作業を行うことを基本とする
2.OSのアップデート期間の保証が長い
3.GooglePlayに対応し、Android用アプリケーションソフトがインストールできる

があります。特に3は途中から実現した機能なのでとても大きい。正直3がない初期のChromeOSなら全く興味もわきませんでしたが、Android用ソフトが使えるなら話は別です。互換性検証も含めて使ってみたいと思っていました。

そしてこのIdeapad Duetですが、数少ない非クラムシェル型のChromeBookで、2in1のタブレット型です。キーボードは付属しているので装着すればクラムシェルのように見せかけて使うこともできますが、境にはヒンジがなく同じく付属品であるカバーを付けてそっちで支えないと立たせることができないのでクラムシェルとは異なります。また、タブレット形式ということで当然タッチ対応。ChromeBookはAndroidソフトが使えるにも拘わらずタッチ非対応の機種も多いので注意。

わたしがIdeapad Duetに注目していたのはまさにその点、タブレットなこと。ようするにAndroidタブレットの代用品として使えるんじゃないか、と考えたからです。諸事情あってAndroidタブレットをもう一台欲しくなったのですが、今日本では驚くほどまともなAndroidタブレットがありません。

バージョンが6でメモリが1GB、せいぜい2GBなんてのが平気な顔で高額で売られています。既に所有していてもうバージョンアップが期待できないYogaBookのAndroid版(CPUはAtom・・・つまりIntel)の方が高性能なくらいです。もちろんあの忌まわしきアクティベーションロックによってわたしの業務に"金銭被害""業務妨害""風評被害"の三重苦をもたらしたiPadは絶対に使いたくありません。

ただ、ひどいのは日本限定の話で、海外の通販サイトからなら20000円以下の値段で割と性能がいい~それこそ今回のIdeapad Duetより上なのもある~Androidタブレットも買えるんですけどね。日本ではAndroidタブレットを売っちゃいけないという規制でもあるんでしょうか。

ただ、海外のAndroid機は例の日本の技適を取っていない問題があるので、大っぴらに使いづらいんですよ。技適警察なんていう謎の活動をしている人もいるみたいですし。

一方、Ideapad Duetは日本で堂々と売られている機種で問題なし、キーボード&スタンド付きと考えれば約3万円ならまぁ海外Androidとタメ貼れるかな・・・と思い立ちまして。

さて届きました。本体に一応保護シートを貼って、スタンドとキーボードを・・・装着方式がマグネットです。それもかなり強力で、壊れるんじゃないかとバチッと勢いよくくっつきます。

こんな強い磁力と衝撃、壊れるんじゃないかと不安になるレベルですが、その分クラムシェルのようにキーボードを付けて畳む分には弱く、手で持つとずれるというくらいで別の意味で不安になるレベルです、ひどく両極端。

なお、キーボードはBluetoothではなく有線接続になります。さらにカバーとキーボードを外して本体のみにすると、まぁこれが驚くほど軽い。これまた別の意味で不安になるほどです。あまりに軽いので10.1インチよりいい意味で小さく感じます。

セットアップはAndroidと大差なく、WiFiをつなげてすでに所有のGoogleの登録で全部終わります。ただ、さすがにOSがChrome、OSが起動しないうちのパスワード入力画面ではソフトキーボードが出てこないのでキーボードをどうしても装着する必要があります。

ただ、やはり登録は必要ですが手持ちのAndroidのスマートフォンなどと同期させることができ、設定すればそのAndroid機を起動させてロックを解除すればIdeapad Duetもパスワードを入力することなくロックを解除できるようになります。少々時間がかかる印象ですが。

ただ、そうやってセキュリティをしっかりやってくれるのは電源オン時のみ。スタンバイからの復帰にはロックがかかってないんです。ChromeOSはAndroidと違ってスタンバイは常用せず、電源オンオフを頻繁に行え、ってことなんでしょうか。

あわせて読みたい

「ノートPC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。