記事

「危機に対する国の財政力の動員」と将来の大津波

12月5日、メルケル首相が「危機に対する国の財政力の動員」と題する演説を行った(ドイツ連邦政府HP)。それを翻訳してくださった方がいるので一部を紹介する。

「2020年は膨大な資金を使うことができましたし、2021年も同様となるでしょう。これは私たちが近年、財政的に良好な状況であったからであり、借金を必要としなかったからです。ですから、現在、ドイツの借金はG7中で最も少ないのです。」

先日の厚労委員会でも「どこそこにお金配るべき」という質疑ばかりが目立った。

今のサービス産業を中心とする国民の経済的困難からすれば当然でもあるのだが、日本ではその資金の出所についてまったく心配する声が上がってこないのはやはり心配。

その原資は全額国債=ただの借金。しかもその借金の引受先は日銀。

簡単に言えば日銀が無尽蔵に政府にお金を供給する印刷装置(このことを「財政ファイナンス」という)になってしまっているのが今の日本なのだ。

菅総理は、メルケル首相の言葉に照らして本来、国民にこう告知すべきなのだ。

「2020年は膨大な資金を使うことができましたし、2021も同様となるでしょう。これは私たちが近年、財政的に最悪な状況であったので財政ファイナンスを始めたからできたことであり、借金を気にしなくなったからです。ですから、現在、日本の借金はG7だけでなく世界中で最も多いのです。」

経済を回さず感染症対策を徹底しろ、(≒そして医療体制には手を付けるな)と日本医師会会長や東京都医師会会長、マスコミ、そして一部野党政治家たちは叫んでいるが、その方向しかしないことを続ければ、そのツケはやがて巨大な津波となって将来の日本を襲うだろう。

その覚悟は医師会会長、厚労省、一部野党政治家、マスコミ、そして国民にはあるのか。

あわせて読みたい

「財政危機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。