記事

志位委員長 躍進めざして意気高くがんばる/民意切り捨てる定数削減許されない

日本共産党の志位和夫委員長は14日、国会内で記者会見し、野田佳彦首相が党首討論で衆院解散に言及したことについて問われ、次のように述べました。

 一、首相は解散の条件に比例定数削減をあげているが、今の選挙制度で比例は多様な民意を反映する唯一の部分で、この削減を解散の条件とするのは全く筋違いのやり方だ。消費税増税という国民に対する公約違反をやっておいて、もう一方で国民の民意を切り捨てる比例定数削減をやることは二重の意味で許されない。

 一、大きな流れとしては、国民のたたかい、怒りの声に追い詰められての解散だ。野田内閣は国民への公約を裏切って消費税増税を強行し、日本農業を破壊するTPP(環太平洋連携協定)参加を突如持ち出し、オスプレイの配備や米軍の新基地建設、原発の再稼働など、さまざまな国民の利益に反する政治の暴走を続けてきた。それへの国民の怒りに追い詰められての解散だ。

 一、民自公3党の増税談合の中での「近いうちの解散」という約束も、それが守られないことが問題になるのは、消費税増税そのものが公約違反で、事前に信を問う必要があったのに、解散を引きのばしてきたことへ国民の怒りが広がってきたからだ。

 一、わが党は、あらゆる面で国民のたたかいの先頭にたってきた。間違った政治への批判だけでなく、打開の展望も経済、外交、原発、領土の問題など、あらゆる問題で提案してきた。国民の公約を破って消費税増税をやったこと、原発の問題、米軍基地問題など、国政の基本問題を堂々と議論して、審判をあおぐたたかいをやり、躍進を目指して意気高くがんばりたい。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。