記事

東京ドーム 新型コロナが影響し2-10月の純利益は121億6600万円の赤字

 新型コロナによる業績不振とTOB(株式公開買い付け)で揺れる(株)東京ドーム(TSR企業コード:290054869、文京区、東証1部)は12月10日、決算短信を公表し2020年2-10月(連結)の純利益が新型コロナでイベントの中止や無観客開催などで121億6600万円の赤字だった。

 2020年2-10月の連結売上高は294億400万円(前年同期比57.5%減)、営業利益は71億6400万円の赤字(前年同期102億2700万円の黒字)、純利益は121億6600万円の赤字(同71億8500万円の黒字)と苦戦した。プロ野球公式戦が当初無観客で実施。段階的に観客を入れているが、期初のイベント中止や延期、営業施設の休業などが響いた。

 東京ドームに対して、三井不動産(株)(TSR企業コード:291023142、東京都中央区)が来年1月18日までTOBを実施している。大株主の香港ファンド「オアシス・マネジメント」が賛同する意向を示し、三井不動産によるTOBは成立しそうだ。三井不動産は、東京ドームを完全子会社化した後、(株)読売新聞グループ本社(TSR企業コード:291006256、千代田区)に東京ドーム株式の20%を譲渡する予定だ。

 東京ドームが9月7日に公表している2021年1月期(連結)の業績予想は据え置き、売上高390億円(前年915億5700万円)、営業利益130億円の赤字(前年117億2800万円の黒字)、純利益180億円の赤字(同80億200万円の黒字)の見通し。

新型コロナで苦戦が続く東京ドーム(TSR撮影)

あわせて読みたい

「東京ドーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。