記事

水前寺清子、熟年離婚の背景 夫から大勢の前で罵倒された

31年連れ添った夫と電撃離婚した水前寺清子(時事通信フォト)

 12月4日、水前寺清子(75才)が離婚していたことが一斉に報じられた。結婚31年目の超熟年離婚に世間は驚いたが、その後の夫婦の反応の差はさらに意味深だった。

【写真】斜め上を見上げ寂しそうな表情を浮かべる水前寺清子

 水前寺は翌朝、自身のブログで離婚報道に対し《今頃かい!! 朝から大笑い》と短くコメントしただけ。一方、元夫の小松明氏(69才)は、スポーツ報知の取材に答え「大好きだし、いまでも(彼女は)おれの体の一部」と、未練があるようにもうかがえた。芸能界屈指のおしどり夫婦といわれたふたり。だが、妻の方は、晩年をどうしても夫とは過ごしたくなかったのかもしれない。

 幼い頃から歌の才能を持っていた水前寺だが、順風満帆というわけではなかった。生まれは終戦の年の熊本。実家は化粧品店を営む裕福な家庭で、家にはお手伝いさんも出入りしていた。子供の頃から歌が好きで、地元のコンテストに出てはその歌声を披露していた水前寺。いつしか父は“娘を歌手に”という思いを抱くようになり、日本舞踊やバイオリンなど、さまざまな習い事をさせたという。

 しかし、12才になった1957年の冬、父親の事業が行き詰まり家族揃って夜逃げ同然で上京。生活環境は一変し、八畳一間で川の字で眠った。中学生ながら母親の内職を手伝う日々。家計に余裕はなかったが、父親は水前寺に音楽を続けさせた。父親は精肉店でコロッケを揚げる仕事をしながら、水前寺の衣装を仕立てたという。

 念願のデビューは19才。着流し姿で歌う『涙を抱いた渡り鳥』は多くのファンの心をつかんだ。以来、『いっぽんどっこの唄』や『三百六十五歩のマーチ』が大ヒットし、NHK紅白歌合戦には22回連続で出場。司会も4回務めた。20代、30代の水前寺は一家の大黒柱、そして、個人事務所のスタッフを養う稼ぎ頭として仕事に邁進した。

 そうしたなかで出会ったのが、小松氏。サックスプレーヤーだった小松氏はバンドの指揮者も務めており、1985年のつくば万博で、水前寺のバックバンドとして共演をしたのが初対面。小松氏は水前寺より6才年下だったが、彼女から信頼され、経理などの仕事をサポートするようになった。

「当時、水前寺さんは個人事務所の経営に無頓着で、自分がいくら稼いで、スタッフがいくら使っているのかすら把握していませんでした。彼がいなければ、事務所は金銭的にかなり追い込まれていたと思います。水前寺さんは、彼に身も心も許し、公私共にパートナーとなったのです」(業界関係者)

 ふたりは1989年に結婚。水前寺が43才のときだった。以来、小松氏は個人事務所の社長として彼女を支えてきた。実際、小松氏の社長としての手腕は高く評価されていた。

「爽やかで人当たりがよく、水前寺さんの魅力を伸ばす仕事をとってくる敏腕社長として有名でした」(前出・業界関係者)

 ふたりが住む東京・世田谷でもおしどり夫婦ぶりは評判だった。

「水前寺さんは、毎年、地域の桜祭りにボランティアで出演してくれています。旦那さんも明るい、感じのいい人で、お似合いの夫婦だと思っていました。ですから今回、離婚と聞いて驚きましたよ」(近隣住民)

お姉さんが亡くなり対立が増えた

 おしどり夫婦の姿が豹変するのは、主に仕事のときだったという。水前寺がワイドショーに出ていた頃を、当時を知る関係者が振り返る。

「平日は水前寺さんは小松さんと離れ、ホテルで寝泊まりしていました。だからか番組の放送直後、毎日のように小松さんからダメ出しの電話が鳴るんです。言い足りなければ翌日にまで持ち越される。水前寺さんは『本当につらいの』とこぼしていました」(テレビ局関係者)

 ふたりの結婚披露宴やデビュー50周年コンサートで司会を務めるなど、夫婦と親交の深い映画評論家の浜村淳さん(85才)はこう明かす。

「小松さんは事務所の社長としては、優秀でいい人なんですが、夫としては……。というのも水前寺さんに対してとにかく当たりがきつかったんです。水前寺さんが歌い終わり、ステージから降りるや否や『なんだあの歌い方は!』『音程がズレているのに気づかないのか!』と、小松さんの怒号が鳴り響くことがよくあった。6年前の50周年コンサートでも、そんな光景を見ましたね」

 そのとき、水前寺は俯き、黙って罵倒されていたという。社長として水前寺を指導していたともとれるが、浜村さんの目には、少々、異様に映ったと話す。

「芸能事務所の社長として、芸に厳しいのは悪いことではありませんよ。それでも、彼女ももう大ベテランです。新人歌手ならまだしも、大スターをスタッフや共演者のいる前で叱りつけるのは、あまりにも配慮がない」(浜村さん)

 事務所社長が所属タレントを、大勢の前で罵倒する。一般社会では“パワハラ”とも取られかねない。こうしたスパルタでも彼女が我慢し続けられたのは、サポートしてくれる身内の存在があったから。デビュー当時からマネジャーとして側にいた姉だ。しかし、2017年にその姉が他界すると、小松氏がマネジャーも兼任するようになった。

「この頃から、小松さんと事務所のスタッフが仕事の方針を巡って衝突することが増えたそうです。これまではお姉さんが緩衝材になって、うまくまとめていたのですが、それがなくなったことで事務所内がギクシャクし始めた」(事務所関係者)

 前出の浜村さんが続ける。

「少し前に、水前寺さんの事務所からお知らせがあって小松さんが社長を退き、水前寺さんが後任だと。びっくりしていたら、それからしばらくして離婚の報道です。水前寺さんが結局は耐えきれなかったのかな」

 公私共にパートナーだったゆえ、仕事の問題が家庭にまで入ってくれば、互いに逃げ場を失う。離婚の決断を下した背景には、こういった経緯があったのだろうか。とはいえ、水前寺も75才で31年間も連れ添った夫婦。このままふたりで過ごせなかったのか、という声もある。熟年離婚に詳しい夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんはこう語る。

「いま、70才以上で離婚する女性は少なくありません。夫の亭主関白な言動に、何十年も耐えてきた妻が、老後は自分の人生を生きたい、と離婚を切り出すパターンが目立ちます。夫が離婚を冗談だとしか思えないのに対し、妻の決意は固いことが多いです。人生100年といわれる時代です。75才の離婚は決して遅くないんですよ」

 31年間連れ添った伴侶と別れて、いまの心境はいかばかりか。人を元気づけ、励ましてきた『三百六十五歩のマーチ』を、今度は自分自身に向けてもいいのではないだろうか。

※女性セブン2021年1月1日号

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。