記事
  • ロイター

米グーグル、選挙関連広告の一時停止措置解除へ 10日から


[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルは9日、選挙関連広告の一時的な停止措置を10日に解除すると発表した。

グーグルは米大統領選を巡る誤情報などへの対策として、投票日の11月3日から選挙関連広告の掲載を一時的に停止していた。

声明で「当社の広告方針を引き続き厳格に実施していく。選挙や民主的なプロセスの信頼を大幅に損なう可能性があることが明らかな虚偽情報を厳格に禁止する」とした。

グーグルの禁止措置は動画投稿サイト「ユーチューブ」やリスティング広告などの選挙関連広告に適用されていた。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。