記事

言うべきことをきちんと言う【田原総一朗さんとご飯にいき思った違和感】

1/2

田原総一朗さんにご飯をご馳走していただきました。
NHKを辞めた数日後、田原さんと対談のお仕事があった。

そこからYouTubeにご出演いただき、ご飯に連れて行っていただき、応援していただいている。

「たかまつさんは、言うべきことをきちんと言う人だ。」
田原さんがそう私のことをtwitterで言ってくださっており、すごく嬉しかった。

私は田原さんのことを尊敬している。
田原さんは、反安倍というイメージが強いが、安倍さんと電話したり、直接物を言ったりしている。

「日本が良くなるためだと思ったことは全部言う」と話す。

権力者と距離が近くなったときに、批判できなくなったり、忖度したりする人をたくさん見た中で、田原さんの生き方は不思議だった。

「政治家を批判する人はたくさんいます。批判したら、普通は情報を取りにいけない。なぜ、田原さんは、安倍さんとも菅さんとも歴代総理とも、直接話ができたんですか?」と聞いた。

「権力者というのは孤独なんだよ。本当のことを言ってくれる人が周りにはいないんだ。だから本当のことを僕は言うから、喜んでくれる」と。

権力者って本当に寂しいんだなぁ。なんて考えながら、今の菅さんに対して、本当のことを言える人ってどれだけいるのか想像したら、なんか分かる気がした。

最近、私は、石破茂さん稲田朋美さんとサシ飲みトークライブをYouTubeで生配信し、その時に感じた疑問などを田原さんにぶつけた。野田聖子さんと細野豪志さんとお話しさせていただいたことなども色々聞いてみた。



https://youtu.be/_MJr6-XrSI8

田原さんのすごいのは、ほとんどその当事者に話を聞いたり、そこに直接関わっていたりしていることだ。

田原さんの最大の後悔は「小選挙区制の導入を後おししたこと」ではないか。いつもお話しして、それを思う。中選挙区制はとにかくお金がかかった。自民党内の派閥の対立も激しかったからだ。今の選挙制度では、与党も野党もぬるま湯状態だといつも思う。政権批判すれば、野党もある程度は議席をとれる。本気で政権交代をしようと思っているのか疑問を抱く瞬間も多い。自民党も、自民党で、党内の派閥対立が弱まり、自浄作用や党内で物をいう空気が少なくなった。

ネット投票の実現はかなり程遠いだろう。今受かっている人たちが、ゲームルールを変えると、勝てなくなる可能性があり、その勝てないゲームルールになぜわざわざ変える必要性は全くないからである。

だから、私は、ベストな選挙制度を考えるという企画をやってみたいと何回か番組提案をしたことがある。民主主義の根幹が分断により、フェイクニュースにより、AIや心理学広告により、ゆらぐ中、民主主義を守るために、どうすべきか、お任せ民主主義からの脱却が必要だろう。

アメリカ大統領選挙を取材して、それを実感し、日本に帰国しその無邪気さや政治的関心度のなさに余計そのように思うようになった。


残念ながら、その番組はいまだに実現していないので、YouTubeでいつかやりたい。

あと、田原さんは、この国や企業の忖度文化を問題視している。
「日本の大企業が10年後生き残れていないのではないか」という話になった。

田原さんは東芝の粉飾決算について、知っていても指摘できない人がいることを問題視していた。「年功序列」や「終身雇用」により、上の人にはむかえない、出世することが目的化する中で、言いたいことや世論を言えないことが問題だと考えているようだ。

あわせて読みたい

「田原総一朗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  6. 6

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。