記事
  • ロイター

英EU通商交渉、漁業権で妥協の余地=ゴーブ内閣府担当相


[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のゴーブ内閣府担当相(国務相)は9日、欧州連合(EU)との通商交渉について、漁業権の問題で妥協の余地があると述べた。

同相はBBCラジオに「妥協の余地はあり得ると思うが、欧州の船舶がどのような形で引き続き英国の領海内に入れるかという点での妥協だ」と発言。

「ただ、英国が独立した沿岸国になるという原則、また英国が自国の領海を管理する形で英国とEUが交渉するという原則に、妥協の余地はない」と述べた。

同相の発言を受けてポンドは上昇幅を拡大した。

同相は「アイスランドやノルウェーといった国、フェロー諸島といった地域でさえ、誰が領海に入るかを管理している」とも発言。

その上で「われわれは、その点について非常に寛大になることが可能だと考えている。ある程度の透明性を確保でき、管理可能な形で段階的なプロセスを認めるのであれば、欧州諸国と合意できる考えている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。