記事
  • ロイター

中国の11月新規融資は予想超す増加、社会融資総量残高は伸び鈍化


[北京 9日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が9日発表したデータによると、11月の新規人民元建て融資は、前月比で予想以上に増加した。一方、11月末時点の社会融資総量残高は前年比で伸び率が鈍化した。新型コロナウイルスが世界的に流行する中、人民銀行は緩和的なスタンスを維持している。

11月の新規人民元建て融資は1兆4300億元(2189億6000万ドル)と、10月の6898億元を大幅に上回った。

ロイターがまとめた市場予想(1兆4000億元)も上回った。

中国では、国慶節に伴う1週間の休暇がある10月は融資が減少する傾向にあるため、11月の融資は前月比で増加するのが通例だ。

アナリストは中国経済が新型コロナによる落ち込みから回復し、人民銀が「戦時モード」から「様子見モード」にシフトするとして、銀行融資は今後数カ月で伸びが鈍化すると予想している。

キャピタル・エコノミクスのジュリアン・エバンズプリチャード氏はリポートで、経済は「信用サイクルの転換点」を迎えたとし、融資枠は厳格化されていると指摘した。

1─11月の新規人民元建て融資は18兆3800億元となっており、年間の過去最高を更新する見込み。

人民銀行は2月以降、新型コロナ流行による経済への打撃を抑制するため、さまざまな緊急緩和策を導入。市場では、刺激策の解除時期に関する憶測が広がっているが、大半のアナリストは、世界経済の見通しが不透明な間は、緩和策停止は段階的なプロセスになると考えている。

11月のマネーサプライM2の前年比伸び率は10.7%。10月の10.5%から加速した。ロイターがまとめた市場予想は10.5%。

人民元建て融資残高は前年比12.8%増。10月は12.9%増、市場予想も12.9%増だった。

11月末時点の社会融資総量残高は前年同月比13.6%増の283兆2500億元(43兆3700億ドル)。伸び率は10月末の13.7%から鈍化した。

社会融資総量には通常の銀行融資以外の新規株式公開、信託会社の融資、債券発行などが含まれる。

11月の社会融資総量は2兆1300億元。10月は1兆4200億元、市場予想は2兆0750億元だった。

*エコノミストのコメントなどを追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。