記事

《眞子さまと“すれ違い”も》雅子さま57歳 1人きりでの「夜の長時間散歩」上皇ご夫妻とは違うスタイルとは? - 森元 大樹

 12月9日に57歳の誕生日を迎えた雅子さま。誕生日に際してのご感想では、「国民のお一人お一人が、幸せであっていただきたいかけがえのない存在である」とコロナ禍の人々に思いを寄せた。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 しかし、ある宮内庁関係者は、こんな不安を打ち明けた。

「雅子さまは、思うように公務を進められない状況に、もどかしさを感じていらっしゃるようにお見受けします。コロナ禍で苦しんでいる大勢の方たちに、直接声をかけ激励したいと希望されても、天皇皇后両陛下が外出すれば、人々が集まり、感染の危険を高めてしまいますから」


57歳を迎えられた雅子さま 宮内庁提供

 ままならない現状は、雅子さまの体調面に影響を及ぼしているという。実際に、即位後の昨秋は、9月に宿泊を伴う公務を3度も行われるなど、ご体調は上向いていた。当時、雅子さまの親しい関係者が「順調に公務をこなされている今だから」と明かしたことがある。

「皇后陛下は『適応障害』で2003年以来、長期の療養が続いていますが、その大きな原因となったのは、皇室内でのご自分の状況に不安を感じる出来事が続いたためだと言われています。

 一生の仕事にしようと精力を注いでいた外務省の仕事を捨て、皇室に飛び込んだのも、世のため、皇室のためになれば、という思いがあったためでしょう。しかし、旧来のしきたりや所作が残る中では力を発揮できず、あきらめや焦燥、周囲に対する疑心暗鬼が生まれたとしても、おかしなことではありません」(同前)

代替わり後はご体調が上向いていた

 確かに、昨年5月の代替わり後、皇后となった雅子さまの表情は自信に満ち、貫禄さえ感じるようになった。原動力となったのは、訪問先で待ち受けていた人たちの存在だ。

 公務の行く先々で笑顔で迎えられ、「皇后さま!」「雅子さま~」の歓声があがる。「来てくださってありがとうございます」という感謝の気持ちを伝える声掛けがとてもうれしかったようで、人目に付かない場所に来ると潤んだ目元にハンカチをあてた様子を、宮内庁担当記者は幾度も見たという。記者が話す。

「雅子さまの調子がいいときには、かねて苦手とされていた報道陣との接触機会を増やそうという動きもありました。公務の現場で、宮内庁担当記者と顔を合わせると、雅子さまの方から笑顔で視線を向けたり、視察先で陛下とともに雑談したりする場面が見られたためです。

 雅子さまの体調が思わしくないときには、両陛下と報道陣の距離は離れた位置に設定され、取材時間も限定されたため、雅子さまの肉声を聞いたことがない記者が大半でした。しかし、調子が上向いてからは、独特の高い笑い声や、公務の案内役に質問する、少し早口の声が聞こえるようになっていました。

雅子さまのストレス発散法は

 オフィシャルの場だけでなく、内々に、宮内庁担当記者と雅子さまの懇談の機会も企画されたことがあったと聞いています。実現に至ったかははっきりしませんが、雅子さまとマスコミの関係は、決して良い時期ばかりではありませんでしたから、雅子さまの調子が上向いたと感じました」

 ところが、雅子さまと近い侍従職関係者は、表情をくもらせる。

「医学的に見ても、周囲から求められていると感じるようになった変化は、回復に大きく寄与したと担当医も判断していたようです。

 しかし、コロナ禍で定例の地方訪問・四大行幸啓をはじめ、都内、地方ともに外出を伴う公務がほとんどなくなりました。即位からパレードに至る一連の行事で、せっかく軌道に乗っていたのに、家に閉じこもる毎日をお過ごしのようです。

 もともと、宮内庁幹部や側近とのやりとりは、天皇陛下を通じて行われ、雅子さまが接するのは身の回りを世話する女官や職員ぐらい。それでも代替わり前後やその後の行事が続くなかでは、侍従職の職員らと接することが増えていましたが、ほとんどお姿を見ない生活に戻ってしまいました」

 外出できないなかで、雅子さまのストレス発散法は、夜の散策だという。

雅子さまは歩くことに集中される

「お住まいのある赤坂御用地は、東京ドーム10個ほどの広さ。今の時期は色とりどりの紅葉がみられ、都会とは思えない静けさです。

 夜はさらに静寂に包まれますが、雅子さまは毎晩のように散策を続けていらっしゃるとききます。適応障害の治療に散策が効果的だと担当医に勧められて以来、長年にわたり日課となっているようです。

 散策はいつも1人。陛下が一緒に歩くこともあるようですが、ごくまれで、陛下はジョギング、雅子さまは散策と別行動。一時期、少しふっくらとされたときに、愛子さまが1人で散策したこともあったようです。

 雅子さまの散策は1人であっても皇宮警察が距離をおいて同行します。単独で自由に行動することはありません。お住まいを出て、戻るまで毎回数人が付き添います。

 雅子さまは会話をすることもなく、あくまで歩くことに集中しているといいます。上皇ご夫妻の散策といえば、草花を観賞しながら、時に立ち止まったり、寄り道したりするなどゆったりしたイメージがありますが、雅子さまは“もくもくと道に沿って歩くスタイル”。ただ、散策は長時間に及ぶようで、周囲は気が抜けないそうです」(警察関係者)

オンラインでのご公務が体調に与える効果

 コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、雅子さまの回復のきっかけとなりそうなのが、オンラインを用いた公務だ。

 8月20日に、赤坂御所で「新型コロナウイルス感染症大流行下の水防災に関する国際オンライン会議」を聴講。11月には、福島市の福島赤十字病院などとオンラインでつなぎ、病院のスタッフと会話した。現場には赴けないものの、画面上で顔を見て、直接やりとりができる。雅子さまは積極的に質問をするなど熱心な様子だったようで、「充実した表情をされていた」(赤十字関係者)という。

 同じく11月25日は、大分県の高齢者グループともオンライン上で交流した。天皇皇后両陛下が恒例とする敬老の日にちなんだ施設訪問の一環で、雅子さまが力を注いできた公務だ。

 今後も宮内庁は、全国各地の施設とつないだオンライン公務を検討しているという。「雅子さまもこのスタイルに手応えを感じているようだ」と、宮内庁関係者は満足そうに話した。

眞子さまと“すれ違い”…親族でも明確な序列が

 また、注目されている眞子さまと小室圭さんの結婚問題について、雅子さまがどう思われているのか、複数の関係者にあたった。結論から言うと、周囲との会話で、2人に触れたことはないようだ。ただ、婚約内定会見のころは、雅子さまも祝意を示されていたという。

 11月に眞子さまが発表された「小室圭さんとのご結婚についてのお気持ち」の文書では、天皇皇后両陛下は「私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている」とあった。しかし、「眞子さまとは赤坂御用地内の散策時にすれ違うこともあったそうです。けれど、そもそも天皇ご一家と秋篠宮ご一家の間には、親族ではあっても明確な序列があり、日々行き来するような関係ではありません」と、別の警察関係者は説明する。

 来年1月の一般参賀は、感染症拡大防止のため中止になった。あるベテラン宮内庁担当記者は「宮内庁は天皇陛下が国民に新年向けに話すビデオメッセージを検討しており、そこに雅子さまもご同席することも選択肢のひとつのようだ」と語る。2021年の幕開けにおふたりの姿を拝見できるか、注目するところだ。

 

(森元 大樹)

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。