記事
  • ロイター

午後3時のドル104円前半、ユーロとポンドに関心集中


[東京 9日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 104.14/16 1.2129/33 126.33/37

午前9時現在 104.13/15 1.2108/12 126.09/13

NY午後5時 104.15/18 1.2101/05 126.06/10

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの104円前半。市場の関心は、欧州中央銀行(ECB)理事会を明日に控えたユーロと、欧州連合(EU)離脱協議がヤマ場を迎えている英ポンドに集中。ドル/円は小動きだった。

東京市場のドルの取引レンジは、104.10─104.17円と上下わずか7銭。ユーロとポンドの変動が今後大きくなる可能性があり、「ドル/円はこれらの通貨に左右されて主体性のない値動きとなる」(外為アナリスト)との見通しが、売買の手控えにつながっているという。

ユーロは1.21ドル前半で底堅い動き。ドル安地合いは不変であるものの、1.20ドルを超えた水準では通貨高に懸念を示す発言が欧州当局から出やすいとの見方が、買い上がる動きを抑えている。

ポンドは1.33ドル後半で一進一退。交渉の先行きを悲観するニュースで売られ、楽観的なニュースで買われる展開が続いている。ただ、「依然主張に隔たりはあるが、まったく合意のないまま離脱を強行するような可能性はだいぶ低下してきた」(外銀)ことで、下値不安が和らいできたとの指摘も出ていた。

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。