記事
  • ロイター

米下院、国防権限法案を可決 トランプ氏は拒否権発動の構え


[ワシントン 8日 ロイター] - 米議会下院は8日、国防予算の大枠を定める総額7400億ドルの国防権限法案(NDAA)を335対78の圧倒的な賛成多数で可決した。トランプ大統領は拒否権を発動する意向を示している。

下院での可決を受け、共和党が多数派を占める上院は週内に採決を行う見通し。法案の賛成派は、下院と同様に圧倒的な賛成多数で可決すればトランプ氏が拒否権行使を再考すると期待する。

トランプ氏は従来より、NDAAに南北戦争で奴隷制度存続を主張した南軍の将官らの名前を米軍基地名から削除する規定が盛り込まれたため、拒否権を行使すると警告。

最近になって、IT企業を訴訟リスクから保護する通信品位法230条を撤廃する規定が入らない限り、NDAAに拒否権を発動する考えを表明した。

トランプ氏はツイッターに「下院の共和党議員がこの非常に軟弱で、私が拒否権を発動することになるNDAAに反対票を投じるよう望む」と投稿し、通信品位法230条の撤廃と南軍関連を念頭に国定史跡の保護を訴えた。

議会の大半の共和党議員はトランプ氏を強力に支持しているが、このうち数人は、NDAAに拒否権が発動された場合、クリスマス休暇を一部返上することになっても拒否権を覆すために法案を再可決する考えを示した。

トランプ氏はNDAAの上院通過後、10日以内(日曜を除く)に拒否権を発動しなければ自動的に法律が成立する。

一方、議会が大統領拒否権を覆して再可決すれば、トランプ氏の大統領就任以降で初めてとなる。

NDAAは来年1月3日に新議会が招集されるまでに成立しなければ廃案となる。トランプ氏は1月20日に退任し、大統領選で勝利した民主党バイデン氏が就任する見通し。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。