記事
  • ロイター

新型ミサイル長距離射程、敵地攻撃能力を意図せず=官房長官


[東京 9日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は9日午前の会見で、防衛省が陸上自衛隊の地対艦誘導弾の射程を大幅に延ばし、敵の射程圏外から相手を攻撃できるよう開発するために予算を追加要求する方針であることについて、敵地攻撃能力を意図するものではなく、ミサイル阻止の新たな方針として開発するものでもないと述べた。

防衛省において地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策として、イージスシステム搭載艦2隻を整備し、海上自衛隊が保持することが取りまとめられた。ただ、イージス艦配備に必要な大量の人材教育や人員を割かれれば、他領域での防衛が手薄になるなどの懸念が出ている。

加藤長官は「このイージスシステム搭載艦と現在あるイージス艦を組み合わせて運用することにより、常時持続的にわが国全域を防護する体制とすることができる」と述べた。

ただ、海上自衛隊が新たにイージスシステム搭載艦を保持するには、海上自衛官はその勤務環境の特殊性から人員確保が困難とされている点について、これまで以上に人材流出防止などに取り組み、海上自衛隊の負担軽減に取り組む方針を示した。

あわせて読みたい

「ミサイル防衛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。