記事

瑛人とドルチェ&ガッバーナ 邦楽の歌詞が教えてくれる大人の世界

2020-11-30 20.06.37

やっと、瑛人の顔と名前が一致した。小生、46歳。いまだにガラスのジェネレーションだと思っている痛い中年である。ナウなヤングの事情は常にウォッチしているつもりだが。NHK「SONGS」に瑛人が出演しており。そうか、この人だったのか。と。「香水」が大ヒット。今年の紅白歌合戦への出場も決定した。

売れている理由はなんとなく分かった。ただ、好きかどうかで言うと微妙だ。これは完全に、自分の好みなのだけど。妻も同じ意見だった。

夫婦で、なぜ、私たちは瑛人にのれないのか激論したのだが、
「自分語りヒップホップに対するポップスからの回答」
というのが、その場で出た瑛人評でまだマシなもので。いかにも、地元の人が恋人のために作った曲のようにも聞こえる。妻は「歌が上手ではない、槇原敬之」と表現していた。毒舌すぎるだろう。

ただ、一つだけ確かなことは、ティーンズ(という言い方、かえってダサいな)を中心にこの曲でドルチェ&ガッバーナのことを知った人が結構な数、いるのだろうなということ。歌詞で大人の世界を知る、という。

ここで言う、大人の世界というのは、
「大人はそんなことするのか」
「なんて大人なんだろう」という話ではない。

たしかに、私たちは松任谷由実から「ユーミン信者たるもの、恋人と別れたら、ベッドの下に真珠のピアスを置くものである」と学び。杏里から「大人の男性は、別れたくない交際相手の女性に夜更けに電話するんだ」と、ピンキーとキラーズからは「アベックたるもの、夜明けにコーヒーを飲むんだ」と学んだ。私の少し後輩たちは、宇多田ヒカルから「キスというのは、煙草の味がするものなのだ」と学んだわけだ。

ただ、そういうわけではなく。ここでは単に、大人が使う、買うブランドを学ぶわけだ。私たちが浜田省吾の「MONEY」からメルセデスとドン・ペリニヨンというキーワードを学んだように(そういえば、会社員時代に、「ドンペリってシャンパンみたいな味がするな」と言った先輩がいた。元気かな)。もっとも、ベッドでドン・ペリニヨンを飲むと、こぼれるだろと心配してしまうのだが。小沢健二からは、プラダにはバッグだけでなく、靴があることを学び。私より少し若い人は、氣志團から「タクティクス」を学んだ。

というわけで、ティーンズは「ドルチェ&ガッバーナって何?」と会話しつつ、大人の世界を学ぶんだろうな。ただ、夫婦で議論し「そもそも、ドルチェ&ガッバーナの香水は別にオシャレでもかっこよくもないし、そこに憧れること自体がダサいのではないか」という結論に至った。

クリスマスが迫っている。ティーンズたちがせっかくアルバイトしたお金でドルチェ&ガッバーナの香水をプレゼントに買っても、きっと滑るだけだろう。瑛人はその辺を若者に指導する義務があるのではないか。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。