記事
  • ロイター

米共和マコネル氏、争点含まぬコロナ救済法案を提示 民主は反発


[ワシントン 8日 ロイター] - 米共和党上院トップのマコネル院内総務は8日、議会で議論が行われている新たな新型コロナウイルス救済法案について、与野党の意見が割れている企業の賠償免責と州・地方自治体への支援金を盛り込まずに承認すべきとの見解を示した。

マコネル氏は記者団に対し、共和党が求める企業の賠償免責と民主党の求める州・地方自治体への支援金に関する討議を年明けに回し、「合意できる措置を盛り込んだ救済策を承認すべきだ」と提案。「コロナ救済法案の実現なしに、年末の休会に入ることはできない」と述べた。

民主党のシューマー上院院内総務は、マコネル氏の提案に反発。超党派による交渉を「妨害」する試みで、警察や消防隊など第一線でコロナ対応に当たる公務員の職をリスクにさらすことになりかねないと批判した。

民主党のペロシ下院議長は声明で、超党派の協議は「これまでに進展があり、マコネル院内総務の妨害なしに進められるべき」との見解を示した。

これに先立ち、ペロシ氏は、新たなコロナ救済法案に1200ドルの現金給付が盛り込まれることを支持すると述べた。

超党派の議員が先週提案し、ペロシ議長もたたき台として支持を表明した9080億ドルの支援策には、1200ドルの現金給付は含まれていない。しかし、こうした給付を追加しようとすれば、交渉はさらに難しくなる可能性がある。

ペロシ議長は記者団に、1200ドルの給付が盛り込まれることを望むとし、「それはトランプ大統領が同意するかにかかっているが、われわれは賛成する」と述べた。

上院民主党ナンバー2のダービン議員はCNNに対し、「トランプ大統領が1200ドルの給付を望んでいる」とホワイトハウスが示唆したと語った。

*ペロシ下院議長の声明を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。