記事

「これはただのイジメだ」渡部建さんを"渡部アレルギー"と拒絶する異常な人たち

1/2

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんへの不倫バッシングが再燃した。ドイツ出身のコラムニスト、サンドラ・ヘフェリン氏は「渡部さんに拒絶反応を示す日本人が多すぎる。『トイレ不倫』はそこまで責められるべきものなのか」という——。

自身が起こした女性問題について記者会見するお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(中央)=2020年12月3日、東京都新宿区
自身が起こした女性問題について記者会見するお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(中央)=2020年12月3日、東京都新宿区 - 写真=時事通信フォト

再燃した「不倫バッシング」

先週、Twitterで「渡部アレルギー」というワードがトレンド入りしました。アンジャッシュの渡部建の不倫およびそれにまつわる対応に関連したものとみられます。これに対して中日スポーツは「同姓の子が学校でいじめられそう」「全国に沢山いる渡部さんが見たら悲しいと思う」と同じ渡部姓への2次被害を心配する声を記事で取り上げていました。

かくいう筆者も旧姓が渡部なので、何げなくTwitterを見ていて「渡部アレルギー」の文字が飛び込んできた時はドキッとしてしまいました。

それはさておき、12月3日の会見後は世の風向きも変わるのかと思いきや、実際は違ったようです。一部の報道によると、日本テレビは既に収録済みで渡部さんの復帰番組となるはずだった大みそかに放送予定の「ダウンタウンのガキの使いあらへんで!」で渡部さんの出演の部分をお蔵入りにする方向で進めているということです。

妻子がいながら多目的トイレで女性と行為におよび、その報酬として相手女性に1万円を渡した、という一連の行動は決してホメられたものではありません。しかし100分も謝罪会見を開くほどのものなのでしょうか。

そして名字の「渡部」が「アレルギー」という言葉とセットで繰り返し叩かれるほど「許せないこと」なのでしょうか。今回は海外とも比べながら不倫から半年以上たってから再燃した「不倫バッシング」について考えてみたいと思います。

会見時間が長くても、短くても叩かれる

不倫について、100分もかけて会見をする意味が分かりません。謝罪会見ということですが、ひたすら「申し訳ございません」と繰り返し頭を下げ続ければよいというものではなく、そこでは「不倫の発覚後、どのように過ごしていたか」「今後の展開」なども話さざるを得ません。よほどずぶとい神経の持ち主でないと、100分にわたって最高のパフォーマンスを見せ続けることは難しいでしょう。

会見が長ければ長いほど、どこかで発言に矛盾が生じたり、自信過剰に映ったりするリスクが高く、そうなれば即「反省してない」と叩かれる可能性が高い非常にリスキーな場であるわけです。

あのベッキーはかつて白いワンピースに黒髪という「謝罪という場に完全にふさわしい姿」で会見に臨みましたが、わずか4分30分という短い時間でさえ、「相手の妻への謝罪がなかった」「一方的に語るだけで質疑応答を受け入れなかった」などの批判を受けました。

「精神的に追い詰めても構わない」といういじめの構図

だからといって長い時間をかけ会見をすればよいわけではありません。今回は「不倫相手が複数いるが、性的なことに依存しているということでしょうか?」と渡部さんの病気を疑う質問がされたり、「女性に1万円を手渡したのはどういう意味か?」などと的を射ていながらも辛辣な質問を受けることになりました。

また渡部さんが「不倫をした後の自粛期間中には、妻と家事を分担していた」と語れば、「家事を全部やるぐらいの贖罪の気持ちはないのか」と反論される始末。揚げ足を取っているような質問も散見されました。

そこから見えてくるのは「悪いことをした人には何を質問してもいいし、精神的に追い詰めても構わない」といういじめの構図です。ネットでも「正義感の暴力も怖いと感じた」「小学生のいじめレベル」「日本の闇」との意見が目立ちました。

相手の胸倉をつかむ男性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kaipong

渡部さんに「佐々木希さんという奥さんがいながら……」という言葉を投げかけたレポーターもいます。これは6月に不倫が発覚した当時も思ったことですが、その言葉からは「あんなに美人な妻がいるのに……」というニュアンスが感じられます。しかしこれでは「佐々木希さんのような美人ではない妻だとしたら、不倫は許されてしまうのか?」と思ってしまいます。それともこれは筆者の僻みでしょうか。

やっぱり日本人は「謝罪会見」が好き

それにしても日本人は本当に「謝罪会見」が好きなようです。不祥事を起こせば企業はすぐに会見を開き、不倫が発覚した芸能人も会見に引っ張り出されることが少なくありません。そして会見での「立ち居振る舞い」がまたメディアをにぎわせます。

謝罪をすることは悪いことではありません。しかし今回の渡部さんのような「不倫」に関していえば、感情面で迷惑を被ったのは妻と1万円を渡された相手の女性です。その2人に個人的に謝れば済む話だとも思います。仕事面で迷惑をかけた番組関係者やスポンサーなどに関しても直接謝ればよいわけで、公の場で100分も会見をする必要があるのか疑問を感じます。

渡部さんは「公の場での謝罪」をすでに済ませています。『週刊文春』に不倫をスクープされてまもなく、同誌の「独占90分」というインタビューで反省の気持ちをこと細やかに述べ、謝罪をしています。それなのに半年後に「やっぱり会見も」という流れになってしまうのは、日本で「謝罪会見」がひとつのケジメだと思われているからです。

さらにそこには「悪いことした人がどんな様子になっているのか見てみたい」「悪いことをした人がケチョンケチョンにやられているのを見たい」という人間の心理のいやらしさも見てとれるのでした。

あわせて読みたい

「渡部建」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。