記事

新型コロナの嗅覚への後遺症 「肉が焦げた匂いがする」

1/2
爆笑問題・田中裕二は感染から復帰後も嗅覚異常に悩まされたという

「新型コロナウイルスの脅威は肺炎」。そんな単純な話は、いまや昔だ。世界各国の研究によると、新型コロナウイルス感染症には100種を優に超える「後遺症」があるという。しかも、それは重症者、無症状者に関係なく発症しうるというのだ。本当の恐怖は感染後にやってくる──。

 感染者数が日本とはケタ違いの海外では、後遺症についての研究が進んでいる。まず心配されるのが、精神面への影響だ。

 カナダの首都、オタワにあるブリュイエール研究所の研究によると、新型コロナから回復した患者の22~24%に心的外傷後ストレス障害(PTSD)、26~33%にうつ病、38~44%に全般性不安の症状がみられた。回復者のなかには「自殺衝動」が生じた者もいた。

 退院後1か月の患者を対象にした韓国・ソウル大学病院の調査では、10人に1人がうつ病とPTSDを発症した。

「中国の研究では、回復者の6割に睡眠障害がありました。さらに半数が不安に陥り、恐怖心を有するとの結果でした」(医療経済ジャーナリストの室井一辰さん)

 英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究結果はさらにショッキングだ。新型コロナから回復した8万4000人以上を対象に思考能力テストを行ったところ、呼吸器の症状が深刻化して人工呼吸器をつけた20~70才の思考力が、平均で10才老化していた。

 研究チームは、「新型コロナ感染は慢性的な認知力の低下という後遺症をもたらす可能性がある」と警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。