記事

野田首相の衆議院解散発言に対する中国メディアの反応

 今日は何と言ってもびっくりしたのが、いきなり野田首相が16日に衆議院を解散することを決定したことです。

 そこで、中国ではどう報道されているかなのですが、『中国新聞網』が「野田突然宣布16日解散众院 日本政坛陷入混乱」(野田が突然16日に衆議院を解散することを宣言、日本政界は混乱におちいる)という記事を配信していたので、今日はこれについて少し。

1 記事の紹介

 いつものとおり、最初に記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 日本の野田佳彦首相は14日国会で最大野党の自民党の安倍晋三総裁と公開討論をしているときに、突然「もし自民党は次回国会で衆議院の定数削減に同意するなら、今月16日に衆議院を解散して総選挙を実施する」と宣言した。

 自民党は、その後、野田首相の要求を承諾することを宣言し、そのため16日の衆議院解散は事実となった(確定した)。

 報道によると、これは野田首相が初めて公に言及した具体的な衆議院の解散時期だ。事前に発言が漏れていなかったため、内閣と与党民主党幹部も野田の考えを聞いていなかったので、野田首相の発言は、日本政府と民主党を陥って混乱に陥れた。

 14日の党首の討論会で、安倍晋三自民党総裁は野田首相を問いただした。「今年8月に、当時の自民党総裁の谷垣禎一と会談を行った時、近いうち(そう遠くない将来)に国会に解散すると述べたが、既に2ヶ月が過ぎており、いつ国会を解散するのか?」

 野田首相は皆の前で「もし(自民党)が次の通常国会で衆議院の定数削減に賛成するならば、(今月)16日に衆議院を解散し総選挙を開催しても良い」と述べた。

 衆議院の解散権は首相の一人に帰属するので、野田首相がこう宣言した以上、既に撤回は難しい。与党の民主党は一貫して衆議院解散の用意をしているが、これ程突然だとは思っていなかった。

 選挙の基盤が弱い民主党議員が相当数おり、彼らは、衆議院が解散し、総選挙となれば落選を心配している。そのため、ひたすら年末まで引き延ばすこと、できれば来年春の総選挙まで期待する者もいた。

 ところが、野田首相は「16日の解散」を述べたため、民主党と内閣は混乱に陥り、抗議の声も聞かれた。藤村内閣官房長官も野田首相の解散の決心を認めた。官房長官は14日夕方頃(現地時間)内閣と民主党幹部による会議を開催し、最後に総選挙の時期を確定すると述べている。

 自民党も14日午後(現地時間)に緊急の幹部会議を開催し、野田首相の要求を承諾することを決定し、衆議院の定数削減に同意した。

2 個人的感想

 タイトルだけを見ると、かなり勇ましい感じですが、内容は基本的に事実の報道だけで、かなり通り一辺倒の内容となっております。

 ただ、これはある程度予想していた通りです。中国の報道は共産党により管理されているので、こうした大きい事件や、敏感な問題については、各新聞社が独自に報道することはできません。

 かといって、共産党もいくらなんでも直ちにどう報道したらよいか決定するこはできないため、第一報は基本的に事実報道だけというのがいつもの中国の報道のパターンです(ベトナムの海洋法成立に対する中国のプロパガンダの失敗李明博大統領竹島上陸のもたらすもの)。

 今回の記事で唯一感想的なものが見られるとすれば「混乱に陥る」という文言で、しつこい位に繰り返さされておりますが、私が見ても確かに日本の政治は「混乱」というか、「迷走」というか良く分からない状態となっております。

 中国は第18回党大会が閉幕を迎え、新指導部が決定するので、とりあえずは権力争いも終了することとなります。丁度その時、領土問題で揉めている日本が機能不全の状態に陥ってしまうわけです。

 かといって、私は基本的に尖閣問題で武力衝突はないという見方をしておりますので(尖閣諸島の国有化をうけて中国人は半分あきらめている?)、政権の空白ができたとしても、中国がすぐに何かをするとは思っておりませんが、好ましい状況でないことは明らかです。

 解散となると、人民党もこれだけ迅速に民主党に協力して行動できるわけですから、くだらない他党の揚げ足取りばかりするのではなく、前向きに日本をどうするのか、政治家の皆さんは本気で考えて、議論してくれることを期待します。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。