記事
  • ロイター

仏コロナ感染者減少が鈍化、一部規制緩和予定の延期も=当局者


[パリ 7日 ロイター] - フランス政府当局者は、先月末に小売店の営業が再開されて以降新型コロナウイルス感染者数の減少ペースが鈍化しており、来週予定している一部のロックダウン(都市封鎖)緩和を延期せざるを得ない可能性があると指摘した。

マクロン大統領は緩和の初期条件の1つとして、1日当たりの新規感染者数が5000人を下回ることを基準として設定。これが満たされると、規制が夜間外出禁止に緩和され、映画館や博物館の再開が許可されるほか、外出証明書携帯の必要がなくなる。

しかし現状では、1日当たりの感染者増加ペースが1万─1万2000人で高止まりし、条件達成には程遠い状況。保健当局者は、増加ペースが再加速するリスクも依然高いとしている。

ある政府筋は、高止まりは11月28日の店舗再開と関連があると指摘。「(一部緩和が予定されている)12月15日までに期待した状況には到達できない」とし、人々に油断させないことが絶対に必要と述べた。

そのうえで、政府は15日に予定していた劇場と映画館の再開を中止し、夜間外出禁止の開始時間を先に実施した午後9時より早めることを検討すると付け加えた。

他の欧州諸国でクリスマスシーズンに向けて封鎖を緩和したり規制緩和を検討する動きが相次ぐ中、フランスの対応は教訓になる可能性があるとみられている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。