記事

「アマプラやHuluより上」5年後はネットフリックスが一人勝ちと予想するワケ

1/2

「ネットフリックス」の国内有料会員が、9月に500万人を突破した。動画配信サービスはどう進化するのか。ベンチャー企業投資家の山本康正氏は「ネットフリックスの一人勝ちは続く。レコメンド機能は進化を遂げ、ドラマも個人の好みに応じたストーリーが展開されるようになる。5年後の未来予想図を紹介しよう」という――。

※本稿は、山本康正『2025年を制覇する破壊的企業』(SBクリエイティブ)の一部を再編集したものです。

ネットフリックス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mphillips007

「エンディング、どんな終わり方だった?」

2025年の日本。食事を終えたえりかさんは、「アレクサ、テレビをつけて」とアマゾンエコーに話しかけます。映し出されたのは2020年にブームになった韓国ドラマの続編『愛の不時着2』。えりかさんの好みを知っているアレクサが、ネットフリックスから選んだのです。見終わると、スマホで友だちに連絡を取ります。

「エンディング、どんな終わり方だった?」

少し不思議な会話です。原因は、同じドラマでも視聴者によってシナリオが異なるからです。2025年のネットフリックスは視聴者の視線や表情を解析し、視聴者の好みにあわせて映像を自動生成します。つまり視聴者の「今」の嗜好に沿ってシナリオや映像が変わるのです。視聴者が100万人いれば100万通りのストーリーがあるというわけです。

それが『2025年を制覇する破壊的企業』(SBクリエイティブ)で描いた2025年の未来予想図です。

視聴者の好みに合わせた動画配信

この5年でネットフリックスが強化してくるであろう動向として特に注目している仕組みがあります。それが一人ひとりの視聴者の嗜好にマッチした動画の配信です。

ネットフリックスが他の動画サービスより支持されているのは、豊富な映像コンテンツだけでなく、オリジナル番組が充実しているからです。さらにどのように届けるかという点でも進んでいます。何万本とある動画の中から、視聴者の嗜好に合わせて、高い精度で「おすすめ」を選び出してくれるのです。

ネットフリックスを利用されている方であればお分かりかと思いますが、最初に出てくるトップ画面、ここからすでに、利用者によって異なります。年齢、好み、これまでの視聴履歴などを元に、いま観たい番組を、ソムリエのように一人ひとりにチョイスしているからです。

説明文の内容やサウンドに関しても、利用者一人ひとりに最適なものにチョイスされています。アマゾンプライムビデオもレコメンデーション機能はありますが、ネットフリックスのものは、比較にならないほど作り込まれています。

100万通りのストーリー

2025年の未来では、その最適化はさらに高まり、視聴中の巻き戻しや、一時停止の行動もデータ化してどのシーンが特に反応が良かったかを人工知能の画像解析を通じて、たとえばどの俳優のシーンが良かったのかなどをデータ化することができます。

タブレットPC
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/hocus-focus

さらに発展型だと視聴者一人ひとりによりエンディングはもちろん、シナリオが異なる動画が配信されることもできるでしょう。

仕組みはこうです。ベースとなる動画は、これまでどおり役者さんに演技をしてもらい、撮影します。その動画を観ていた視聴者の表情などを、カメラや音声などのセンサーで集め、解析。

どこで泣いたのか、どのシーンで笑ったのか、逆につまらなそうな表情をしていたシーンはどこなのか。人工知能が人の喜怒哀楽、表情を分析し、その人が最も感動するであろうシナリオをつなげていきます。

当然、シナリオは視聴者ごとにより異なります。100万人の視聴者がいたら、100万通りのストーリーがある。そんな未来が可能な時代になります。

テクノロジー的にどこまで人工知能で対応するかは分かりませんが、人間の動きや顔の表情をコンピュータグラフィックスで再現することは現在の技術で十分可能ですし、今後、動画を観るインターフェイスはモバイルが主になっていきますから、それほど緻密な精度も求められないでしょう。

このような未来が実現すれば、人の会話やコミュニケーションも変わっていきます。

「きのう○○観た?」ではなく「○○のエンディング、どうだった」と。ストーリーの違いがコミュニケーションの中心になっていきます。

役者さんの仕事も減るかもしれません。役者さんはベースとなる最初の演技、もしくは音声を吹き込むことが仕事になるからです。新しいシナリオを加工する際に役者さんにギャラを支払う。ライセンスビジネスのような形態になっていくことも考えられます。

ネットフリックスが一人勝ちを続けるワケ

日本ではアマゾンプライムビデオやHulu(フールー)、その他いくつものストリーミングサービスがありますが、ネットフリックスが拡大しています。

ネットフリックス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Christopher Ames

ニールセンデジタルによると、2019年1月の日本における有料動画配信で利用者数が多かったのはAmazon Prime Videoの509万人。次いでNetflixが171万人だった。ネットフリックスの発表では、2019年9月に国内登録者数は300万人、2020年8月末時点で500万人を突破しました。

一方のアメリカでは圧倒的にネットフリックスの一人勝ちです。巨人であるディズニーが追いかけている状態です。アメリカ人からすれば、アマゾンプライムビデオはアマゾンプライムのおまけのような感覚です。

理由はいくつかありますが、まず、ネットフリックスは映像の質が他とは比較にならないほどこだわりがあることです。特に支持されているのが、オリジナル番組の制作です。

アマゾンプライムビデオもオリジナル番組を作ってはいますが、ネットフリックスの大ヒット作品『ハウス・オブ・カード』ほどに話題になっていません。Huluはそもそものコンセプトがテレビ番組を配信するものであり、ケーブルテレビと協力しながらサービスの提供を進めていきましたから、ネットフリックスとは考え方がまったく異なります。

ユーザーの好みに合わせて番組を作るとの考えは、各国で映像配信する際にも徹底されています。アメリカで評価の高かった映像をそのまま配信するのではなく、各国のテレビ局や映像制作会社と組み、それぞれの国で受ける映像をしっかりと把握。その上でオリジナルの番組を制作していきます。日本であればフジテレビと協力して制作した『テラスハウス』がいい例です。

ネットフリックスの現在の時価総額は約20兆円。ディズニーとほぼ同じ額ですが、ディズニーはテーマパークなどの運営も含めての額ですから、ネットフリックスがいかにすごいかが、お分かりいただけるかと思います。

現時点ではこれまでどおり、映像制作会社として徹底的にユーザーファーストを意識した作品を作り上げていくことは間違いないでしょう。ただそこから先。ディズニーのようなエンターテインメントサービスに進出するのか。あるいはキャラクタービジネスを手がけるのか。テーマパークから始まり、アニメーションに進出したディズニーとどのような戦い方をするのか。私はこの2社の動向に注目しています。

あわせて読みたい

「ネットフリックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  3. 3

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ワクチン接種に消極的な日本人

    島田範正

  5. 5

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  6. 6

    日銀総裁 財政状況は極めて深刻

    ロイター

  7. 7

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  8. 8

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    公明党のホープ 宣言下に銀座へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。