記事

公明党こそ中道の本家、三極論の元祖《11月14日》

 先週の日曜日の朝日新聞の4面に根本清樹記者による政治断簡「『中道』の公明 一言あってしかるべし」とのコラムが掲載された。
今、民主党や自民党の間で、中道について論議が交わされたり、新党が相次いで三極を目指す云々との発信をしている。
本来、中道論にしても三極論にしても本家本元は公明党でなかったのか、との疑問からこのコラムは書かれている。
いろんな党がゴジャゴジャ言ってるけれど、本家としての発信があっていいのではないか、と。
「一言あってしかるべし」との見出しもそこからきているものと思われる。

 しかし、このコラムが世に出る前に、井上義久党幹事長が記者会見で文字通り、中道論議に一言提起した。
その意味では、このコラムの中身はいささかズレていると言わざるを得ない。
少なくとも、一言あったが、物足りないとか、遅すぎるとの記述がないと、おかしい。

 加えて、このコラムには肝心要の公明党が主張してきた中道論の定義が欠落している。
これでは画竜点睛を欠くという他ない。
1990年の第二十八回公明党全国大会において、活動方針の中に、明確に90年代における三極体制の一極としての中道=公明党の役割についての考え方が書かれている。その部分を以下引用する。

 「路線としての中道主義は元来、右や左の政党に対して座標軸としての役割を果たすべきだという意味において、原則としてニュートラル(中立)であるべきだと理解している。ここでいう中道の座標軸とは、人間の〈生命・生活・生存〉を最も尊重するという人間主義を基軸として、1)左右の揺れを防ぐ、偏ぱを正す 2)左右対決による行き詰まり状況に対して、国民的な合意形成に貢献する 3)新しい政策進路を切り開くための創造的(クリエイティブ)な提言を行う、等の意味、役割を持つものである。ヨーロッパでも『円の中の中心(センター)』としての中道の意味を評価する新しい動きがある」

 こうした中道論や三極論など公明党には豊富な歴史的遺産がある。これをもっともっと語っていきたいと思う。

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。