記事
  • ロイター

EU、ネット検索結果の表示に指針 大手に透明性向上要求


[ブリュッセル 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は7日、米アルファベット傘下グーグルやマイクロソフトなどのネット大手に対し、検索結果の表示順位を決める手順に関し、透明性向上を求める指針を発表した。

指針は即日有効で、これに続き来週には、IT企業への規制強化につながるルール案が公表される予定。

検索結果で各社の商品やサービスが表示される順位については、規模が小さい企業などからIT大手が用いる手法は恣意的で不透明だとの批判の声がかねてからあった。

EUの反トラスト法(独占禁止法)当局は2017─19年の期間に、グーグルがオンライン検索結果に自社の商品やサービスを優先的に表示したとして、80億ユーロ(97億1000万米ドル)余りの制裁金を科している。

欧州委によると、今回の指針はオンラインプラットフォーム運営企業に対し、表示順位を決定するアルゴリズムの設定を公表し、企業間で共有するよう求める内容。

ベステアー欧州委員(競争政策担当)は声明で「このガイドラインはアルゴリズムによる表示順位の透明性に関する基準を定めるもので、欧州の多数の人々の技術革新と社会福祉をけん引するオンラインプラットフォーム業界の公平性向上につながる」と述べた。

ベステアー氏は15日に巨大IT企業の影響力を抑えるための規制案を公表する見通し。違法で有害なコンテンツを削除する責任の強化や規制の順守を促すための罰金などが盛り込まれる見通し。

マイクロソフトとグーグルはコメントの求めに応じていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  10. 10

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。