記事
  • ロイター

中国、「第1段階」通商合意にコミット表明=米中ビジネス評議会


[ワシントン 7日 ロイター] - 中国の王毅国務委員兼外相は、米企業幹部らとのビデオ会議で、米中の「第1段階」通商合意に引き続きコミットしていると表明した。米中ビジネス評議会のクレイグ・アレン会長がロイターに明らかにした。

同会長は「王外相は確かに改めてコミットを表明した。中国側は約束を果たすだろう」と述べた。

米中ビジネス評議会には中国で事業展開している240社が加盟している。

アレン会長は、1月に署名された第1段階合意に基づく中国の政策変更の進展を喜ばしく思うと述べた。

ワシントンに本拠を置くピーターソン国際経済研究所によると、10月時点で、第1段階合意に明記されている米製品の中国による購入は755億ドルで、年間ベースで約束された規模の約半分に相当する。

アレン会長は「彼らは遅れているが、合意の期間は2年間だ」と指摘。「この合意は公平な競争環境を阻害していた中国の政策を変えるという意味で成功している。完全ではない。そのため、第2段階がある」と語った。

同会長はまた、米企業の公平な扱いやビザ、知的財産権などを巡る問題についても、王外相に対応を求めたことを明らかにした。

アレン会長は第2段階の通商協議について、来年1月20日のバイデン次期政権発足後に開始されることに期待を示した。

同会長によると、王外相は、劉鶴副首相が主導する予定の第2段階の通商協議にはほとんど言及しなかった。

また、王外相は「非常に前向きで、われわれの懸念に明確に対応した」と説明。外相は、中国内には10万以上の米企業があるが、多くの企業は良い業績を上げていると指摘したという。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。