記事
  • ロイター

銀行・信金の貸出平残、11月は+6.3% 大企業向けで伸び=日銀


[東京 8日 ロイター] - 日銀が8日発表した11月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比6.3%増となり、3カ月ぶりに伸び率が拡大した。大企業の一部で劣後性資金を取り入れる動きが見られたほか、グループ再編など大口のM&A(企業の合併・買収)資金の借り入れがあり、都銀等の貸出が伸びたことが押し上げにつながった。

内訳をみると、都銀等の貸出平残は6.9%増と前月の6.6%増から伸び率が拡大。地銀・第二地銀は5.2%増で、前月と変わらなかった。信金は8.3%増となり、前月の8.0%増からさらに伸びて伸び率は過去最高を更新した。

貸出平残は銀行・信金計で573兆7945億円、地銀・第二地銀は266兆4395億円、信金は75兆4508億円でいずれも過去最高。

年末越えの資金繰りについて日銀の担当者は「中小企業を含め、比較的多くの企業で手元資金が厚めの状態にある。金融機関もしっかり企業の資金繰りを支える姿勢を示しており、全体として懸念がある状況ではない」と指摘する。ただ「個別企業ごとに直面する需要動向にはかなりのばらつきがあり、引き続き注視が必要」と話している。

11月の預金平残は都銀・地銀・第二地銀の3業態計で前年比9.0%増の799兆5626億円。貸出増や各種交付金により平残は過去最高となった。

(和田崇彦)

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。