記事

真正面から憲法改正論議を展開する国民民主党は自民党の一歩先を行っている

自民党は憲法改正案の策定を取り止めたようだが、これはこれで結構だろうと思っている。

安倍前総理の時代に自民党が提案した憲法改正4項目は、本格的な憲法改正論議を避けてとりあえず憲法改正はした、と示すだけの言わばアリバイ作りのためのものでしかない。

真面目に憲法改正の議論をしようと思っている人から見れば、本気で検討の対象としたくなるような代物ではない。

安倍前総理が言っているから、皆、お付き合いしただけで、あれが本当の自民党の憲法改正案だなどと言ったら、長年にわたって真剣に憲法改正議論をしてこられた先人から呆れられたはずである。

安倍前総理が言及した改憲4項目は、国会で行われていた議論とは別のところから唐突に持ち出されたものだろうと思っている。

国民民主党が盛んに憲法改正論議を展開しているが、こちらの方が、かつての国会での様々な調査結果や議論を踏まえたオーソドックスな憲法改正論議になっている印象である。

内容については異論がある方も多いとは思うが、議論の対象の選び方や議論の運び方には大方の賛同が得られるはずである。

支持率は相変わらずパッとしないが、憲法改正論議では自民党の一歩先を行っていることは間違いない。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。