記事
  • ロイター

NY市場サマリー(7日)ナスダック最高値 ドル下落

[7日 ロイター] - <為替> ドルが大半の通貨に対して下落。米国では新型コロナウイルスによる死者が28万人を突破したものの、市場ではもっぱらワクチンや景気対策への期待感が相場を動かした。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は7日、追加コロナ経済対策を巡る協議は正しい方向に進んでおり、トランプ政権と議会は合意に近づいているという認識を示した。

ウエスタンユニオン・ビジネスソリューションズ(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「景気刺激策やワクチンが将来的に現実のものとなり、それにより景気回復がより早く、より持続的になると期待される」と述べた。

加えて、米連邦準備理事会(FRB)も今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和を一段と調整するとみられている。

TDセキュリティーズ(トロント)の国際FX戦略部長、マーク・マコーミック氏は「ドルは来年にかけて下落する見通しだが、一直線の下げにはならないだろう。ドル相場は平均して6年周期が認められ、今回の周期はまだ始まったばかりだ」と指摘した。

ドル/円は0.2%安の104円。ドル/スイスフランも0.2%安の0.89フラン。

ドルは豪ドルやニュージーランドドル、ノルウェークローネに対しても値下がりした。

ドルは通貨バスケットに対し90.795と横ばい。

ポンド/ドルは0.7%安の1.3349ドル。欧州委員会のフォンデアライエン委員長と英国のジョンソン首相は7日、自由貿易協定(FTA)について「重要事項を巡る見解の相違」が埋められないため、現時点での合意は不可能とする共同声明を発表した。ジョンソン首相は数日中に協議のためにブリュッセルを訪問する。

<債券> 新型コロナウイルス感染拡大抑制に向け新たに規制措置が導入されたことで、安全資産としての国債に買いが入り、利回りが低下した。

全国的に新型ウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、この日はカリフォルニア州がほぼ全域で一段と厳しい外出制限措置を導入。期間は少なくとも3週間で、全ての私的な集まりが禁止されたほか、生活に必須でないインフラの運営や小売店の営業などが停止された。

このほか、ニューヨーク州は病床不足回避に向け病院の収容能力を25%拡充するよう命じるほか、退職した医療関係者の助けを要請する。クオモ州知事は、入院率が今後5日間で安定化しなければ、ニューヨーク市内の店内飲食を再び禁止すると表明した。

終盤の取引で10年債利回りは4.3ベーシスポイント(bp)低下の0.9261%。前週4日には経済対策への期待から0.986%と、3月以来の高水準を付けていた。

グレンミードの最高投資責任者(CIO)、ジェイソン・プライド氏は、この日の取引で利回りが再び低下したことは、ワクチンの実用化で感染拡大が収束するとの期待が出る中でも、感染状況を巡る統計が悪化し、実用化を巡る時期がなお不透明となっていることを反映していると指摘。「ワクチン期待と時期尚早な経済活動再開とのはざまで、市場のボラティリティーが高まった」と述べた。

アクション・エコノミクスのシニアエコノミスト、キム・ルパート氏は、この日に国債に対する需要が高まったのは、一部投資家が買いを入れる機会と捉えたためと説明。「調整的な動きだった」と述べた。

終盤の取引で2年債利回りは約1bp低下の0.1448%。2年債と10年債の利回り格差は78bpと、4日終盤から約4bp縮小。4日の取引では82.5bpと、2018年2月以来の高水準を付けていた。

<株式> ナスダック総合が最高値で取引を終えた。新型コロナウイルス感染抑制策が新たに導入され、米経済への影響が懸念されるものの、大型グロース(成長)株へシフトする動きから、アップルやフェイスブックなど大きなウエートを占める銘柄が上昇した。

ただ、アルファベットやマイクロソフトが下落し、他の主要株価指数は下落した。

カリフォルニア州のニューソム知事は7日、新型コロナウイルス感染拡大抑制に向け、州のほぼ全域で一段と厳しい外出制限措置を導入した。小売店などの営業が停止され、2300万人が影響を受ける。

これまでの財政刺激策がほぼ使い尽くされる中、最近の指標は景気鈍化を示し、追加経済対策の必要性を浮き彫りにしている。

民主党関係者によると、連邦政府のつなぎ予算が11日で切れるのを前に、議会は政府閉鎖の回避や、経済対策を巡る協議継続に向け、1週間の予算延長を検討する見通しだ。

ベアードの投資戦略アナリスト、ロス・メイフィールド氏は「持久戦のようなものだ。市場はこの予算法案に支援策が盛り込まれるかどうかに注目している」と語った。

大型グロース株はここ数週間、経済再開による恩恵を受けるとみられるバリュー株をアンダーパフォームしていた。ラッセル1000グロース株指数は3.6%高。ラッセル1000バリュー株指数は0.56%安。

この日はエネルギー株が大きく値下がりし、バリュー株を圧迫した。原油価格が下落する中、S&Pのエネルギー株指数は2.44%安と、主要11セクターで最も大幅な下落率を記録した。

インテルは3.43%下落し、S&P総合500種を押し下げた。アップルが2021年にもパソコン「Mac(マック)」向け新プロセッサーの投入を計画しているとのブルームバーグ・ニュースの報道が嫌気された。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.28対1の比率で上回った。ナスダックでは1.07対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は107億6000万株。直近20営業日の平均は118億1000万株。

<金先物> 米追加経済対策の実現期待やドルの軟調に伴う割安感を背景に買いが優勢となり反発した。

中心限月2月物の清算値(終値に相当)は前週末比26.00ドル(1.41%)高の1オンス=1866.00ドル。

新型コロナウイルス感染の再拡大が響き、前週末4日に発表された米雇用統計は低調な内容にとどまった。これをきっかけに、市場では新たな財政出動への期待が高まっており、将来的なインフレ高進を見込んだヘッジ目的での金塊買いが膨らんだ。

未明以降の外国為替市場で、ドル売り・ユーロ買いが進行したことも金塊の割安感を強め、相場は午前に一時1873.00ドルまで上昇。

香港問題をめぐる対立で、米政府が少なくとも十数人の中国当局者に制裁を科す準備を進めているとの報や、欧州連合(EU)と英国の貿易交渉の難航も安全資産とされる金塊への買いを後押ししたもよう。

金塊現物相場は午後1時半現在、25.430ドル高の1861.845ドル。

<米原油先物> 新型コロナウイルスの感染再拡大による警戒感からの売りが先行し、4営業日ぶりに反落した。

米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値(終値に相当)は前週末比0.50ドル(1.1%)安の1バレル=45.76ドル。2月物は0.47ドル安の45.95ドルとなった。

新型コロナウイルスの感染再拡大に歯止めがかからず、米国でも経済活動を再規制する 動きが相次いでいる。カリフォルニア州では月内にほぼ州の全域が自宅待機令の対象にな ると見込まれている。エネルギー需要の見通しに警戒感が広がり、原油が売られた。

前週末に9カ月ぶりの高値を回復した後で、利益確定の売りも出やすかった。

米中関係の悪化を懸念した売りも出た。ロイターは米政府が香港立法会民主 派議員の議員資格剥奪をめぐり中国当局者に制裁を科す計画と報道。これに対して中国政府は7日、米政府の内政干渉を非難すると発表した。

ドル/円 NY終値 104.06/104.09

始値 104.23

高値 104.26

安値 103.93

ユーロ/ドル NY終値 1.2108/1.2111

始値 1.2111

高値 1.2166

安値 1.2106

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 98*18.00 1.6863%

前営業日終値 97*17.00 1.7310%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*16.00 0.9278%

前営業日終値 99*03.50 0.9690%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*29.50 0.3909%

前営業日終値 99*24.50 0.4230%

2年債(指標銘柄) 17時04分 99*30.75 0.1448%

前営業日終値 99*30.25 0.1530%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 30069.79 -148.47 -0.49

前営業日終値 30218.26

ナスダック総合 12519.95 +55.71 +0.45

前営業日終値 12464.23

S&P総合500種 3691.96 -7.16 -0.19

前営業日終値 3699.12

COMEX金 2月限 1866.0 +26.0

前営業日終値 1840.0

COMEX銀 3月限 2479.4 +54.1

前営業日終値 2425.3

北海ブレント 2月限 48.79 ‐0.46

前営業日終値 49.25

米WTI先物 1月限 45.76 ‐0.50

前営業日終値 46.26

CRB商品指数 158.9506 ‐0.9437

前営業日終値 159.8943

*米株リポートを追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。