記事

温暖化の影響 2050年までに国産の鮭、しゃこが消滅する危機

近年日本の食卓も変わりつつあり「コンビニのおでんで冬を感じる」と言う人も(写真/GettyImages)

 動植物の様子を観測して、季節の進み具合や気候変動を把握する気象庁の調査「生物季節観測」が見直される。2021年から「動物」を観測対象から除外し、桜や梅など6種類の植物のみを観測することとなるのだ。

【写真】秋の旬の食材を使った「まつたけの土瓶蒸し」

 ただでさえ、地球温暖化などの影響で日本の四季が変容しているというのに、動植物の観測をしなくなったなら、余計に四季を感じられなくなるのではないか──そんな心配の声も聞こえてくる。

 四季を愛でる日本人は、美しい季節の変化を前提とした文化を作りあげてきた。俳句もその1つだ。

《今日何も彼もなにもかも春らしく》
《初蝶を追ふまなざしに加はりぬ》
《空といふ自由鶴舞ひやまざるは》

 これらを詠んだのは、稲畑汀子さん。高浜虚子の孫で8才から俳句を始め、俳句雑誌『ホトトギス』の名誉主宰を務める俳人だ。

 虚子直々の教えを受けた稲畑さんは、「俳句は季節を詠む歌です」と語る。

「いまは昔と比べてずいぶん季節の在り方が変わりました。しかし一年を通じて考えたとき、春夏秋冬の四季があることは俳句にとって欠かせない大事な要素です。四季があるから俳句が育ったともいえます」

 春夏秋冬を肌身で感じ、俳句として書き留め、後世の人々がそれを読む。連綿と続く営みが文化を作ってきた。

「詠まれた俳句は歳時記として、春夏秋冬を整理したかたちで掲載されます。折々の季節が俳句として残されて、それを読むことでその年の季節を感じることができる。そうした営みで日本人の感受性が養われました」(稲畑さん)

 季節を感じることは、子供の成長にも大きく影響する。幼児・小学生教育の第一人者である教育評論家の石川幸夫さんが語る。

「四季折々のにおいや温度、湿度などを肌で感じて育つことで、子供は自然の中で生かされていることに気がつきます。例えば、葉の色づきや落ち葉と接するだけでも五感を通して自然の営みの不思議さを体験し、自分もその一部であることを体感できる」

 石川さんの住む地域では、毎年うぐいすが「ホーホケキョ」と鳴く。地域の子供たちは、そんなうぐいすを「春告鳥」と呼ぶ。

「自然の生物と接することで、子供は想像力や好奇心を身につけます。さらに『今日は暑いね』『うぐいすが鳴いてるよ』といった季節から出る言葉でコミュニケーションをとることにより、表現力や思考力が育まれ、その子オリジナルの知性や感性が生まれます。こうした能力は知識を詰め込んで一朝一夕に身につけられるものではなく、四季の中でしか学べないものなのです」(石川さん)

 生きるために欠かせない「食」においても季節感は必要不可欠な要素だ。大正大学客員教授で長年にわたって現代家族の食卓に関する調査を続ける岩村暢子さんが指摘する。

「かつて、日本人は食卓で季節を味わってきました。季節ごとの旬を大切にして、旬の食材に最も合う食べ方を追求してきたし、一年中ある食材でも、夏は冷奴、冬は湯豆腐にして食べるなどの工夫を重ねてきた。冷やし中華や冷製パスタは本場の中国やイタリアにはない食べ方だと聞いています。

 食材だけでなく、夏はガラスの器で清涼感を表現したり、秋には紅葉の赤を添えたりするなど、器や盛り付けでも季節感を演出した。こうした繊細な感覚は海外では驚かれるものです」

 俳句や教育、食にいたるまで私たちは四季とともに歩み、文化を形成してきた。しかし四季が消えゆくいま、こうした文化もまたともに衰退する運命なのかもしれない。

 しかし国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長の五箇公一さんは「四季の消滅で起こりうる文化の衰退より、もっと大きな危機がある」と警鐘を鳴らす。

「季節感の喪失以上に最も警戒すべきは、食料危機です。国連の『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)』の昨年の報告書によれば、温暖化で地球の平均気温が今後2℃以上上昇すると、干ばつや洪水などが発生し、2050年までに世界の穀物価格が最大23%上昇する可能性があります。

 しかし日本の2018年度のカロリーベースの食料自給率は37%で、OECD加盟国35か国中30位で、食料危機に見舞われたら立ち行かなくなる恐れがある。

 中国の習近平国家主席は最近、食べ残しと大食いを禁止するよう盛んに呼びかけていますが、あれは異常気象で西アジアにバッタの大群が襲来し、近い将来食料難になる恐れから食料を大事にせよとのメッセージではないかともいわれています。今後やってくる食料危機は生きるか死ぬかの大問題なのに、日本はあまりに無関心です」

 危ないのは穀物ばかりでない。温暖化で天候不順になれば野菜が高騰するし、魚介類にも影響が出る可能性が高い。テレビでおなじみの気象予報士・森田正光さんはこう言う。

「海水の温度が上昇すれば、海の生態系に大きな影響が出ます。今後、日本近海での漁業にも影響が出るかもしれません」

 東京大学大気海洋研究所教授の伊藤進一さんの研究によれば、水温が上昇するとともに生息地が北に追いやられ、国産の鮭、イクラ、しゃこは2050年までに消滅する恐れがある。さらに水温上昇による生理障害や海藻類の消滅などで、あわび、帆立貝、うにまで食べられなくなる可能性もあるという。

 温暖化は日本の食文化を根底から覆すかもしれない。そのことを予見するかのように日本の食卓は変わりつつある。

「季節に関係なくなんでも食べられるよう、加工技術や保存技術、流通技術が進化して、真冬でも夏の食材を世界中からフレッシュに運べるようになりました。利便性を求めて自然の制約を乗り越えようとした結果、古くは食文化として四季を感じていたことも、外食シーンで味わう非日常の演出のようになってきた。これは皮肉にも、私たちの欲望の結果でもあるわけです。いまは『ファストフードの月見バーガー』や『コンビニのおでん』で季節を感じる人も増えています」(岩村さん)

※女性セブン2020年12月17日号

あわせて読みたい

「食糧問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。