記事

YouTubeがレッドオーシャン(成長しない競争激化市場)でなく、さらに伸びる2つの理由

1:テレビに出ていた芸能人が去年、今年から大量参入により、YouTubeを見ていなかった層がYouTubeを見るようになるから

2:YouTubeを毎日のように見ている10代、10代未満がどんどん大人になっていくから。

YouTube市場の成長はもう限界で今、参入しても競争が激しくレッドオーシャンだと言われてきた。私も一時はそう思った。

でも今年、コロナの影響もあるだろうし、芸能界やテレビ業界の劣化がさらにひどいこともあるだろうが、YouTubeはさらに盛り上がりをみせているのではないか。

レッドオーシャンだというのは、今までYouTubeで稼いできたYouTuberからみた捉え方ではないかなと。

確かに参入者は増え競争は激化している。
でもそのおかげで、今までよりYouTubeをみる時間が増えている人が多いのではないか?

今までYouTubeを見なかった世代も見るようになっているのではないか。

それは1にあげた、テレビに出ていた人がYouTubeに乗り出したことが大きい。
それによって極端なことをいえば、子供と一部の人しか見なかったYouTubeが、多くの人が見るようになったのではないか。

私も明らかにYouTubeを見る時間が増えた。
今までは音楽ぐらいしかYouTube見なかったが、中田敦彦さんの本紹介動画でYouTubeを見る時間が増え、さらに中田さんがいろんなYouTuberとコラボすると、「ラファエルって誰?」「ヒカルって誰?」ってなって、まったく知らなかったYouTuberの動画を見に行くようになった。

参入者は増えているし、競争は激化しているし、稼ぐという意味で今までよりおいしくはないのかもしれないけれど、テレビに出ていた人のYouTube参入による見る人や見る時間は増えたんじゃないかと。

そしてもう1つの理由は、YouTubeを毎日のように何時間も見ている子供たちが、この先どんどん大人になっていけば、その人たちも自身でYouTubeを開設するだろうし、調べ物やエンタメにYouTubeを使うだろうし、今後もますます利用者は増えるのではないかと。

だからレッドオーシャンではなく、天井をうった市場ではなく、まだまだ伸びるのではと最近YouTubeを見直しているのです。

この先どうなるかわからないし、YouTubeに代わるようなものが出てくるかもしれないけれど、YouTubeはコロナのおかげで、またテレビオワコンのおかげで、2020年は多くの人があたりまえのようにみるメディアになったのではないかと。

そう思い直してここ1ヶ月ぐらい私もめちゃめちゃYouTubeに力を入れています。

というよりブログで書きたいこといっぱいあるけど、書くには時間がかかるけど話す分には時間短縮できるので、伝えたいことをたくさん伝えられる。

もちろんブログも重要なツールなので、ブログも毎日更新してますが、ブログで伝えきれないことやブログと同じ内容はYouTubeでも投稿してますので、ぜひ私のチャンネルをチェックしていただければ。

そしてみなさんもYouTubeに力を入れた方がいいですよ!

広告収入を得るってことじゃなく自身の本業の仕事獲得のために。
*そのあたりはネット発信戦略セミナーで解説してます。
https://ameblo.jp/kasakot/entry-12593749726.html

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。