記事
  • ロイター

独鉱工業生産、10月は予想上回る上昇、自動車生産が大幅増


[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁によると、10月の鉱工業生産指数は好調な自動車販売に支えられ前月比3.2%上昇で6月以来の大幅な伸びとなった。、ロイター調査による予想(1.6%上昇)を上回った。輸出中心の製造業の堅調で第4・四半期のドイツ経済が底堅いスタートを切ったことが裏付けられた。

9月は2.3%上昇に上方改定された。

新型コロナウイルス感染症流行前の2月と比較すると、10月の鉱工業生産は約5%落ち込んでいる。自動車の生産は約10%増加したが、まだ危機前の水準を約6%下回っている。

VPバンクのエコノミスト、トマス・ギツェル氏は「工業部門は第4・四半期に向けて非常に好調だった」と述べた。

10月の予想外の好調は4日発表された10月の鉱工業受注指数と一致した。

新型コロナ対策で部分的ロックダウンが導入されたものの、製造業PMIやトラックの運行距離データなどの指標も、11月は生産活動が比較的堅調だったことを示している。

ロックダウンではサービス業の多くが11月2日から休業を余儀なくされ、景気見通しが悪化した。第4・四半期の独経済はマイナス成長もあり得ると予想されている。

ただギツェル氏は、好調な製造業のおかげで第4・四半期の独国内総生産(GDP)の減少は他の欧州諸国よりも小さいとみている。

IFO経済研究所は7日、今後数カ月の工業部門の生産見通しは悪化しており、特に消費者関連が厳しいとの見方を示した。

経済省は「鉱工業受注が回復の継続を示していても、感染症と部分的ロックダウンを考えるとさらなる改善は依然不透明との認識を示した。

第3・四半期の独経済は前期比8.5%増で予想を上回った。第2・四半期は新型コロナの感染第1波の影響で9.8%減とかつてない落ち込みだった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  4. 4

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  5. 5

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  6. 6

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  7. 7

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  8. 8

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  9. 9

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  10. 10

    黄砂の飛来は中国の里山が破壊されたから。植林も砂漠化の一因だった!

    田中淳夫

    03月04日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。