記事
  • ロイター

中国、景気回復加速でも金融引き締めの公算小=元国家統計局幹部


[北京 7日 ロイター] - 中国国家統計局の元副局長で、清華大学・中国経済社会データ研究センターの主任を務める許憲春氏はロイターに対し、中国の景気回復ペースは今後数カ月で加速する可能性があるが、金融政策がすぐに引き締められる公算は小さいとの見方を示した。

同氏は第4・四半期の中国の経済成長率が6%前後に達し、第3・四半期の4.9%を上回る可能性があると予測。来年第1・四半期には約10%でピークに達するとの見方を示した。

ただ、同氏は「目先、金融政策が引き締められる公算は小さい。据え置かれる可能性がある」とし「まだ感染症の流行から完全には脱しておらず、不透明要因がある。来年の政策は安定した、的を絞ったものになる公算が大きい」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)の劉国強副総裁は、国内経済の回復に伴い政策調整を検討する必要があるとした上で、調整は正確な景気評価に基づいて行われるもので、当局は行動を急ぐことはできないとの考えを示している。

許氏は、来年第1・四半期は高成長が予想されるが、前年同期が新型コロナで大幅なマイナス成長になったことが一因と説明できるかもしれないと指摘。来年の経済成長率は7-8%となり、今年の2.2-2.5%から加速するとの見通しを示した。

同氏は、2022年には新型コロナウイルス流行に伴う歪みが減り、経済成長が正常化する可能性があると指摘。その後は人口構造の変化、資源・技術の制約を背景に緩やかな減速が再開するかもしれないとの認識を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。