記事
  • ロイター

米国の対中政策、「客観性へ回帰」できると期待=中国外相


[7日 ロイター] - 中国の王毅国務委員兼外相は7日、米国企業のビジネスリーダー向けに講演し、米国のバイデン次期政権を見据え、米国の対中政策が最終的に「客観性と合理性へ回帰」できることを望むと述べた。

米中関係はトランプ米政権時にどん底に陥った。米国側は来年1月にバイデン新政権が発足する見通し。

王氏はまた、米中関係の「安定した移行」を呼びかけた。

王氏は、両国が見解の相違や衝突に対処する際は、互いの歴史、中核的な利害、「国民が選んだ体制と道のり」を尊重すべきだと主張。「中国と米国は、感染症の流行、景気回復、気候変動への対応などで全面的に協力できる」と述べた。

同氏は、将来の関係で「正しい決定をするか」は米国次第とも発言。両国があらゆるレベルで対話を再開し、立法機関、シンクタンク、財界、メディアの友好的な交流を奨励すべきだと呼び掛けた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。