記事
  • ロイター

午後3時のドル104円前半、英ポンド大荒れ


[東京 7日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 104.07/09 1.2129/33 126.25/29

午前9時現在 104.20/22 1.2118/22 126.27/31

NY午後5時 104.14/17 1.2120/24 126.26/30

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの104円前半。英国の欧州連合(EU)離脱交渉に関する報道でポンドが乱高下し、主要通貨は売買が交錯した。

週明けのドルは、朝方の高値104.23円から昼過ぎに103.94円までじり安。中国人民銀行(中央銀行)がきょうの人民元基準値を2年半ぶり高値に設定したことで、短期筋のドル売りが強まったという。

しかし午後に入ると、一転104円前半へ再浮上。対ポンドでドル売りが一服となったことを、背景と指摘する声が出ていた。

ポンドは交渉関係者の楽観、悲観見通しの発言が報じられる度に、上下動を繰り返した。対米ドルで前週末終盤の水準から気配値を切り下げて寄り付き、早朝取引で1.33ドル半ばまで売られた後、昼には1.34ドル前半へ反発。午後には再び1.34ドル割れに迫るなど、大荒れの動きとなった。

市場では「変動が大きいこと自体は収益機会になるので、短期売買が柱の個人投資家には良いことだが、こう激しい上下動が続くと損失を被る向きも増えてくる」(FX関係者)との指摘が出ていた。

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。