記事
  • ロイター

EU、対トルコ制裁を検討へ 10日からの首脳会議で判断


[ブリュッセル 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、東地中海のガス田探査を巡りトルコに制裁を科すべきか7日の外相会議で検討し、10日からの首脳会議で決定する。

EU首脳は10月、東地中海の係争海域での探査を停止しなければ結果に直面すると警告している。

トルコが11月下旬に地震探査船を帰港させたことで緊張は和らいだが、EU当局者や外交関係者らによると、リビア、シリア、ロシアを巡る問題やトルコ国内での権威主義的な動きなどを背景に、EUは態度を硬化させている。

あるEU高官は「10月より状況は悪化しており、各国首脳は措置を検討すべきとの見方に異論を唱える加盟国があるとは承知していない」と語った。

EUによると、トルコの探査・調査船はギリシャとキプロスが権益を主張する海域で活動を続けている。

対トルコ制裁を巡る決定は、現在EU議長国を務めるドイツが鍵を握る。同国は当初、ギリシャとトルコの間を仲介する方向に期待を寄せていたが、トルコが10月にキプロス沖で中断していたガス田探査を再開させたことに反発。あるEU外交筋は「ドイツの我慢にも限界がある」と述べた。

フランスと欧州議会は制裁を科すべきとの立場。欧州議会は11月26日、EUにトルコへの制裁導入を求める拘束力のない決議を採択した。ただ、トルコの探査船「オルチ・レイス」の帰港などを考慮してEUは制裁を見送る可能性もある。

EU外交筋は「制裁は(選択肢として)テーブルの上にあるが自動的ではない」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。