記事
  • ロイター

中国、国内2例目の個人信用調査会社を認可 京東商城や小米が出資


[北京 4日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は4日、北京市政府の投資部門、電子商取引(EC)大手である京東商城(JDドットコム)およびスマートフォンメーカー小米(シャオミ)の各子会社、顔認識事業を手掛けるスタートアップ企業の北京曠視科技が共同で出資する個人信用調査会社の設立を認可した。

この会社の名称は「朴道征信有限公司」。北京に資本10億元(1億5319万ドル)で登録されるという。

人民銀が個人信用調査機関として免許を付与するのは2例目となる。

人民銀はここ数年、過度な借り入れや詐欺を防ぐため、異なるオンライン融資プラットフォームにおける融資データを結びつけ、信用情報を共有できるよう努めている。2018年には、アント・グループおよび騰訊控股(テンセント・ホールディングス)の信用格付け部門などが共同で出資した「百行征信有限公司」に個人信用調査機関としての免許が初めて付与された。

朴道征信を巡っては、北京市政府の投資部門が株式35%を得るほか、京東商城の子会社が株式25%を取得。小米の子会社と北京曠視科技が各17.5%を出資し、残り5%はプライベートエクイティー(PE)会社が保有するという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  7. 7

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。