記事

悲願達成!コロナ罰則・罰金条例を阻止に導きました!(感謝)

都民ファーストの会により、9月11日に意見募集を開始し当初「東京都新型コロナウイルス感染症対策強化に関する特別措置条例(案)」として新設予定でありましたが、都による恒常的経済支援も世界的に根治療法も確立していない中、罰則ありきの条例に

「どうやって他の者に感染させたとことが立証できるのか?」

「経済支援もないなか、経営に四苦八苦して営業時間短縮に協力できなかった店舗に罰金??」

と批判が殺到。お姐もテレビ取材を受けましたことは既報のとおり。

[画像をブログで見る]

外圧に耐えられなくなったのか11月24日に、条例新設から小池知事提案の東京都新型コロナウイルス感染症対策条例改正へと急きょ路線変更したわけです。

そこで、広く都民、全国民に上田令子は条例改正(改悪?!)案可決を食い止めるために「都民ファーストの会単体では通らない。都議会公明党、自民党 が賛成しないことが肝要。賢明なるこの二党政党支援者様は、ご当地の都議や党への働きかけを!」とblog「上田令子チャンネル」で呼びかけると同時に、Twitterではアンケートを実施。

9割方が「反対」ということが判明、あまたの都民、江戸川区民を中心に、シェア・拡散をして頂き、そして東京都議会及び各会派への働きかけをしていただき、東京全体ひいては全国的なアクションにつながって、とうとう「都民ファーストの会」は12月2日この前代未聞の人権問題に抵触しかねない条例改正案の第四回定例会に上程することを断念したのでございます。

地方政治を諦めない区民、市民、都民、国民の「ちょこっと勇気」が大きな力となって、都議会を動かし事実上条例廃案に導いたたのであります!

民意が都議会政局に勝ったのであります!


地方政治は地域住民のものです、政治をあきらめないご協力まことにありがとうございましたm(__)m。

なお、条例が廃案となったことから「都民ファースト発コロナ罰則・罰金条例改正案緊急質疑申し入れ」は取り下げることとなりましたことをご報告いたします。

しかし!都民ファーストの会は、まだあきらめず「改めて来春の定例会での成立を目指す」としていますことからも、今回の条例改正案撤回で油断せず、質疑予定であった問題意識を持ち続け、引き続き警戒と監視と、皆様への情報提供・発信に努めさせていただく所存です!

【お姐総括!】

「地獄への道は善意で舗装されている。」という言葉があります。「都民ファースト」が何を「ファースト」としているか、いよいよ皆様もお気づきになった「事件」でございましたね。
過去最多感染者数が連日続き、小池百合子知事より、飲食店時短要請。しかも知事は、コロナ禍に喘ぐ都民の税金でコッソリゴッソリ満額退職金3500万円を8月に受理していた…
“知事与党”都民ファーストの会は、PCRなどの検査拒否した者への罰則、罰金条例をブチあげる。
「知事は3500万円満額退職金ゲット!庶民は店は閉めろ、検査拒否したらとっちめる!」
では、閉塞感しかありません。お姐はそんな都民に寄り添いたい。


▲本日も御礼と報告方々地域を回っておりました!

改めて、抜本的な治療法、経済支援策もない中の罰則・罰金ファースト思想にはNO!

★悲願達成!コロナ罰則・罰金条例の提出断念【都民ファーストの会】★
詳細を「上田令子チャンネル」でも解説しております。是非御覧下さいませ♪


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★

自由を守る会代表 上田令子チャンネル

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。