記事

篠原涼子、HIRO、細川ふみえ…30周年を迎えた「1990年デビュー組」の明暗 - 清談社

1/2

 平成になって2年目、1990年の日本では「オヤジギャル」「アッシーくん」が闊歩し、「♪職業選択の自由 アハハン」というCMソングが流行るなど、社会はまだまだ好景気に浮かれていた。バブルがハジケるのは翌年のこと。そんな年にデビューした芸能人たちの“あの頃”を振り返ってみた。(常田裕/清談社)

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

篠原涼子がいた、東京パフォーマンスドール

 80年代後半に芸能界を席捲したおニャン子クラブの勢いに乗って、この時代には多くのアイドルグループが作られた。そのひとつが東京パフォーマンスドール(TPD)。このメンバーだったのが篠原涼子で、同期には後にEAST END×YURIとして『DA.YO.NE』を大ヒットさせる市井由理などもいた。


篠原涼子 ©️文藝春秋

「素人集団だったおニャン子とは正反対の本格的な歌とダンスのパフォーマンスがウリで、ライブハウスでの定期公演や二軍制システムなど、後のAKB48にも影響を与えたといわれています」(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二氏)

 グループ在籍中から頭角を現した篠原は、『ダウンタウンのごっつええ感じ』のレギュラーを機に知名度を上げ、94年には小室哲哉プロデュースで発売したシングル『恋しさと せつなさと 心強さと』がダブルミリオンを達成するなど一躍トップアイドルとなった。

 グループを卒業して以降は、舞台などで着実に経験を積みながら女優業にシフト。2000年代に入ると主演ドラマ『アンフェア』(06年)『ハケンの品格』(07年)を立て続けにヒットさせ、現在もトップ女優として活躍中だ。

 なお、TPDは武道館や横浜アリーナでの公演を行うほどの人気を博したものの、96年に活動を停止。その後、13年に新メンバーで活動を再開しており、今年12月には誕生30周年と銘打ったライブが開催。篠原も「私の青春はパフォーマンスドールと共にありました」というお祝いコメントを寄せている。

「20世紀最後の正統派アイドル」高橋由美子

 1990年の芸能界は一つの変革期に差しかかっていた。前年の『ザ・ベストテン』に続き、フジテレビの『夜のヒットスタジオ』が終了するなど、芸能界の主役は歌番組からドラマやバラエティに変わり始めていた。当時の芸能界で人気を集めていたのは宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂の「3M」だが、一方で80年代のアイドルらしいアイドルはどんどん減っていくことになる。“アイドル冬の時代”の到来だ。

 そんなタイミングで登場したのが高橋由美子。90年のデビュー曲はアニメの主題歌という企画モノだったが、これがヒットしたことでアイドルとして本格的に売り出されることになる。

 厳密に言えば高橋は前年に女優デビューをしており、アイドルと女優という軸の間で悩んでいたという。本人は当時のことを「『アイドル 高橋由美子』という手作りの名刺を配っていた。意識して自分を奮い立たせていたと思う」「スタッフの『アイドルを演じれば?』というアドバイスで、アイドルに徹してみたら、その先に高橋由美子がいた」と振り返っているが、94年の主演ドラマ『南くんの恋人』がヒットしたことで「20世紀最後の正統派アイドル」と呼ばれるようになった。

 その後は『ショムニ』などの人気ドラマに出演しながら、年齢と共に徐々に女優業にシフト。現在も息の長い活躍を続けており、今年9月にも主演舞台『時子さんのトキ』が上演されている。歌手30周年を迎えた今年は21年ぶりの新曲となる「風神雷神ガール」を収録したベスト盤を発売。歌番組で日向坂46と共演し、当時のヒット曲「友達でいいから」を披露したことも話題となった。

“グラビアアイドル”というジャンルを切り開いた、細川ふみえ

 この時代に存在感を増したのがグラビアというジャンル。ブームの草分け的存在の一人が90年の「ミスマガジン」グランプリに選ばれて芸能界入りした細川ふみえだ。所属事務所・イエローキャブは、先輩だったかとうれいこや後輩の雛形あきこらを抱えグラビア界を席捲した。

「80年代までは、ほぼ『アイドル=歌手』でレコード(CD)発売がデビューの区切りでしたが、この頃から活動形態が多様化しはじめており、その一つがグラビアだった。当時はまだグラビアアイドルという呼称すら定着していませんでしたが、その後芸能界の登竜門的なジャンルとしても重視されるようになりました。91年には宮沢りえのヘアヌード写真集が大ヒットしたように、時代が清楚系からセクシー系に大きく変わっていったことも大きかった」(渡邉氏)

 細川はグラビアを足掛かりにテレビでも引っ張りダコとなり、92年には伝説の深夜番組『ギルガメッシュないと』のMCに抜擢され、CDデビューも果たしている。

「ちなみに細川のデビュー曲は、ピチカート・ファイブの小西康陽が作詞作曲をしています。セカンド以降も電気グルーヴの石野卓球、ピエール瀧、筋肉少女帯の大槻ケンヂ、ムーンライダーズの白井良明など錚々たるミュージシャンが起用されており評価も高い。サブカルがポップに大衆化していくハシリだったとも言えるでしょう」(渡邉氏)

 その後は公私共に波乱万丈。ビートたけしとのスキャンダルを経て結婚、出産、離婚を経験し、38歳の時にはヘアヌード写真集を出版。一時は芸能活動を休止したものの14年に復帰し、現在も個人事務所で芸能活動を継続している。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

  10. 10

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。