記事
  • mkubo1
  • 2012年11月14日 09:02

誰でも分かるギリシャ問題(ユーロ対IMF)

ユーロとIMFの対立? いったいギリシャ問題どうなっているのでしょうか? 誰でも分かるギリシャ問題ということで、トロイカ内部の対立を簡単にまとめて見ます。

対立



IMFとユーロ圏が対立しています。

対立内容



ギリシャの債務がGDP比120%とする時期 IMFは2020年 ユーロは2022年 と2年の相違があります。

合意している内容



プライマリーバランスをGDP比で4.5%の黒字にする目標を2014年から2016年に延長することです。 その延長に伴い、2014年までに最大150億ユーロ、2015~2016年で最大176億ユーロの追加資金が必要という試算があります。

追加資金



この資金をどのようにして手当てするかは、決まっていません。 案としては、金利引き下げ、返済期間の延長などがあります(そんなことで出来るのかな~?)。

簡単に言えば、GDP比の累積債務をIMFが持続可能と言っている120%にする時期の問題ですね。 肝心なことはですよ、IMFは、ギリシャの債務の減免を求めているのです。

このまま、ギリシャが努力しても、2020年の債務はGDP比140%前後というのが予測です。 しかも、多分、これは、楽観的だと思いますね。 というのは、来年の債務はGDP比190%になるという予測です。 それをわずか7年で、債務を3分の2に減らすというのは、簡単にできることではないですね。

ですから、「IMFは債務を減免すべきだ!」と言っており、しかも、この場合の減免は、公的部門の債務削減(OSI)となりますね。 そうしないと、ギリシャは、持たないと言っているのです。

それに対して、ユーロ圏は、OSIなんて、まったく論外と。 オランド仏大統領は、「協力すべきだ」と言っていますが、ドイツは法律に抵触するとか言っていますし、他国も似たようなものです。

多分、IMFの言っていることの方が正しいのでしょう。 しかし、当事者である(借金を棒引きされる)ユーロ諸国の多くは、政治的に飲めないのですね。

20日のユーロ財務相会合で、融資が決まるかどうか… IMFの言うような根本的な解決の方が、市場にはプラスなんですけどね。

最悪は、IMFがトロイカから脱退、ギリシャへの融資をやめることですね。 たぶん、そうならないのだとは思いますが…IMFとしても、救済すべきは、ギリシャだけでなく、世界各国の重債務国ですからね。 あまり、例外は作りたくないはずです。

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。