記事

維新と国民民主、中道を行く保守の国政政党として飛躍する可能性があるのはどちらか

維新は、どうしても大阪維新の色彩が強く、国政政党としては限界がありそうだ。

既に維新を除名された沖縄の下地幹夫氏が地域政党大地や地域政党あたらしい党の代表を維新の参議院選挙の候補者として担ぎ出し、それなりの成果を収めたが、下地氏が維新から除名されてしまった現在、その後の動きがどうなっているのかよく分からない。

関西では維新の存在は圧倒的なようだが、東京初めその他の地域でどの程度維新の支持層が広がっているのかよく分からない状況である。
勢いがあるのかないのか、その勢いがどの程度なのか分からない状況での政治活動は結構大変だろうと思う。

維新の大阪都構想は、東京初めその他の地域では今一つピンとこないだろう。

大阪都構想の旗を降ろしてしまえば、大阪以外の地域で維新の支持を拡げるのはなかなか難しそうである。
橋下徹氏が復帰しても難しそうだ。

タレントとしての橋下徹氏は今でも相当の影響力を持っていそうだが、政治家としての橋下徹氏には事実上何の影響力もなさそうだ。

菅さんが維新を頼りにしているのは何となく分かるが、頼りにしているのはあくまで大阪の維新であって、国政維新にはあまり関心はなさそうだ。

他方の国民民主は、形は小さいが、国政政党としての可能性はそれなりにあるようである。

提案型政党という位置づけでは埋没してしまうぞ、などと仰る方もおられるが、自民党に代わり得る新しい中道改革の保守政党というポジションは結構重要である。

問題は、どこまでいい候補者を集めることが出来るか。
いい候補者が揃わないのであれば、結局十分存在感を発揮出来ないまま終わってしまう。

何で国民民主の支持率が1パーセント程度なんだろうと不思議でならないが、国民民主を取り巻く環境が依然として厳しいことは認めざるを得ないだろう。

今回の代表選挙で何かしら突破口を見い出すことが出来ればいいのだが、まだ何とも言えない、というのが正直なところだろう。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。