記事

《女性の6割が慎重派》全体では過半数が「待つべき」と回答 眞子さま・小室圭さんご結婚アンケート結果発表 「個人の希望がかなう形が望ましい」も9%増加 - 「文春オンライン」特集班

1/2

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚について、「文春オンライン」では11月14日より12月1日まで、以下のアンケートを行った。

【写真】この記事の写真を見る(16枚)

Q. 眞子さまのご結婚について、みなさんはどう考えますか。次のA~Cの選択肢の中からひとつを選び、あわせてその理由もお答えください。

A.  佳子さまのお言葉のように、 眞子さま一個人としての希望がかなう形が望ましい。
B.  秋篠宮さまのお言葉のように、多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで結婚は待つべきだ。
C.  どちらとも言えない。

 アンケートの集計結果は下記の通り。「A」と「C」を大きく上回る形で、過半数の人が「B」の「多くの国民が納得するまで結婚は待つべき」を選択した。

 回答総数は1250、回答者の48%が男性、52%が女性だった。回答者の年齢は18歳から91歳まで。


眞子さま ©JMPA

皇室の生活が税金によって賄われていることへの声

 まったく同じ設問でおこなった2019年3月のアンケートに比べて、結婚容認の意見である「A」と答えた人は9%増えて、21.4%という結果になった。全体でみると、男性の28.1%、女性の15.1%がこの「A」の選択肢を選んだ。女性は男性にくらべて13%も少なかった。

 理由としては、世間的な反対にも拘わらず、お二人がかわらず結婚へ強い意思を示していることを尊重したいといった声が数多く寄せられた。また、憲法に「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」とあるように、結婚は当人同士の意思さえあれば成立するという権利は守られるべきだという声もあった。

 一方、この結婚に慎重な意見といえる「B」を選択した人の割合は、男性51.3%に対して女性が60.5%と、10%近く女性のほうが大きい数字となった。男女ともに「B」が多数派だが、女性の方がお二人の結婚についてより慎重な立場のようだ。

 その理由としては、皇室の生活が税金によって賄われていることを挙げる声が多く見られた。小室圭さんの資質を疑問視する声に加えて、皇室の方の結婚は一般人の結婚とは異なり個人の自由によりも皇室としてのルールが優先されるべきという声もあった。

眞子さまの結婚は「公」か「私」か、悩む声も

 また、「C」と答えた人も2019年3月に比べて6%増加した。中には、結婚することになれば皇籍を離れることになる眞子さまの結婚を、公的な事柄と捉えるか私的な事柄と捉えるかに悩む声が見られた。結婚の際に支払われるとされる一時金を受け取らなければよい、という条件つき賛成の声も複数あった。

 2019年3月のアンケート結果と比べると「B」が減り、「A」と「C」が増える結果になった。とはいえ、まだ過半数がお二人の結婚に慎重な立場であることは変わっていない。また、「A」や「C」の中には、いわば“根負け”とも言えるような票が含まれており、この結婚に対する国民の空気はそれほど大きくは変化していないと言えるかもしれない。

 回答者の年齢別では、男女ともに年齢が上がるほど「B」の慎重論を選択する人が増える傾向が見られた。

 次に回答者の意見の一部を掲載する。

「A」眞子さま一個人としての希望がかなう形が望ましい

「皇族と言っても1人の人間。おふたりが幸せになってくださることが国民にとっての幸せなのではないかと思ってしまう」(女性・28)

「皇室に生まれ自身で選べないことも多い人生であるのに、しっかりとご公務をなされていたと感じています。結婚は本人の意志を尊重されるべきだと思います」(女性・29)

「この結婚が成就しなければ眞子さまは独身を貫かれるだろう」(女性・40)

「皇室を離れる方だから好きにしたらいいと思う。べつに眞子さまが小室さんと結婚しても国民に何の被害もない」(女性・43)

「圭さんの母親の問題で世間が大騒ぎしたなかでも、二人の気持ちは変わらないところがすごい。素直に応援したいステキな“お気持ち”の文だった」(女性・43)

「上手くいく、いかないは神のみぞ知る。皇族だって人間ですし、もう時代は『令和』なんですから」(女性・46)

「眞子さまがもう30歳前になってしまったのは、同じ女性としてかわいそうです。小室さんもお母さんも、好きではないですが、眞子さまのお気持ちを1番にすれば、もういいやん? という気持ちになってます」(女性・47)

「婚約破棄になってもおかしくない状況でそれでも待っているのだから気持ちは本物なのだと信じたい」(女性・50)

「好き同士の結婚ですから、ご両人の自由にされたらいいかと思います。しかし、国民の支持を得られない結婚ですから、一切の持参金なしで行っていただきたいです」(女性・51)

「他人の結婚を妨害する権利など誰ももっていない。未成年じゃあるまいし、当人同士が結婚する気があるのに結婚できないなんて中世ヨーロッパか?」(女性・51)

「秋篠宮さまも恋愛結婚だし、問題ないでしょう」

「眞子さまも20代後半だし、早く結婚させてあげればいいと思う。秋篠宮さまも恋愛結婚だし、問題ないでしょう」(女性・52)

「皇族であれ1人の女性、お母様の紀子さまも恋愛結婚ならお気持ちをわかられてあげてほしいです。いずれは皇室から離れなければならない眞子さまを縛り付けるのは辛すぎます」(女性・53)

「これだけもめても結婚の意志が変わらないのだから、二人とも余程好き合っているのだと思う。この際、ご本人も覚悟を決めて、皇籍離脱するぐらいのことはしてほしい。それでも日本にいると身の危険を感じるでしょうから、アメリカで新婚生活を始めればいいのではないでしょうか?」(女性・55)

「国民の納得って誰の納得かわからない。早く皇籍を離脱して好きにすればいい」(女性・55)

「結婚は、両性の合意のみで決まると、憲法にも記されています」(女性・55)

「本当はBを選択したいのですが、これ以上事態が長引き、税金が無駄に使われることを思うと、早く好きなようにしてくださいという感じです。ただし、皇籍離脱&持参金無しという形でお願いしたい。皇室に生まれた責務は運命であって、皇室だからこそ受けた恩恵があることを忘れずに、一般人としてがむしゃらに頑張ってください」(女性・58)

「皇族に生まれた1人の女性が、幸せになる為お互いにとって結婚は必要な事と断言できるほど深い愛と絆があるのだと感じます」(女性・61)

「口幅ったいことを言って申し訳ないのですが、お二人が幸せなのが一番良い事だからです。また、『国民の納得』の基準が解りません」(女性・72)

「もちろん、お互いが好きなら望みを叶えて欲しいです。みんな人それぞれ事情があります、なので小さい事は気にせず笑って頂きたいです」(男性・24)

「秋篠宮さまのお言葉のほうが一見好ましいように見えるが、それだと眞子さまが皇族でいる期間が長くなり、結果我々国民の税金が使われ続けるということになってしまう」(男性・29)

「Bだと、いつ結婚できるかわからない。幸せになってほしいので。親の借金で子供が苦しむのはどうかと」(男性・40)

「今の世の中、誰が見ても問題ない、皇室の結婚相手としてふさわしい、という理想的な人はもはや存在しないと思う。仮にいたとしても、そういう人は皇室の人と結婚しないのではないか。個人的に小室さんにはあまり好感を持てないが、本人同士が好きなら結婚すればいい。それで失敗したら別れればいい」(男性・43)

「眞子さまの希望がかなう形でいい。ただし、現状の金銭問題を解決することが必要」(男性・45)

「ダメだったらやり直したらいい」

「もうとっくに終わった話だと思ったが、この時期に眞子さまが“お気持ち”を公表されたということは、眞子さまのお心の中では小室圭さんの存在が非常に大きいことを示している」(男性・55)

「皇室、とりわけ皇位継承権者の方々については、著しく人権を制限する形でその任をお願いしているということを、国民として共通認識とすることが必要」(男性・56)

「親の立場として秋篠宮さまが苦言を呈する気持ちも理解できますが、国民までもがそれに同調する必要はありません。若者の選択を温かく見守るべき」(男性・59)

「婚姻の自由は憲法で定められた基本的人権の一つ。もちろん、皇族にはその地位の特殊性から憲法の基本的人権の規定はそのまま適用されることはないが、その考え方は可能な限り尊重されるべきだ」(男性・60)

「完全な形で民間人になるのならば、お好きにどうぞ、という考えです。公人を継続されるのであれば、小室家の借金問題や母親の人柄なども問われると思いますが、民間人ならばそれも不問」(男性・65)

「皇族であっても、自分の未来を自分で選ぶ権利はある。たとえそれが多くの人が危ういと思っている選択だとしても。ダメだったらやり直したらいい」(男性・69)

「秋篠宮さまご夫妻の(実質的な)反対にもかかわらず、また日米と離れた環境にあったのに、この数年間、眞子さまのお気持ちが変わりませんでした。そこまでの決意があるのなら、眞子さまのお気持ちを尊重すべきだと思います」(男性・71)

「思い詰めている様子もうかがえますが、初心を忘れずに現在まで来ていると思います。幸せになる家庭を作られるのではないでしょうか」(男性・88)

「B」多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで結婚は待つべき


「税金から生活費を得ているお立場であり、国民への説明責任があると思うから」(女性・21)

「小室圭さんから400万円問題に関する真摯な説明がなされていないから。また、世間の大変さをご存知ない眞子さまが小室圭さんと結婚して幸せになることはできないと思うから」(女性・23)

「こんなにも国民や親の反対を押し切って結婚をするという我儘なお姫様が罷り通るのであれば、メディアに縛られようと、躾やマナーが厳しかろうと、私が貴方のようなお姫様に生まれたかった。貴方のような、お金に不自由ない幼少期を過ごしたかった」(女性・24)

「絶対反対です。本当に結婚したいならビタ一文も税金からお金を出さないで下さい。また、皇籍を離脱して一切表に出ず、親のお葬式も含めて皇室の行事に出ないで下さい」(女性・29)

「国民は小室さんのことを信用出来てない部分が大きいと思うのでやめたほうがいいと思う」(女性・32)

「人からお金を借りることの重さをわかっていない」

「皇室の結婚は本人の意思だけで決められないと思います。金銭トラブルについての小室さんからの説明は未だなく、人からお金を借りることの重さを、眞子さまと小室さんはわかっていない。皇室は国民の見本としてあって欲しい」(女性・33)

「結婚を待つべきというか結婚しないことを望みます。金銭問題が解決していないし、小室圭に経済力が無いし、小室圭の母親が色んな問題を抱えているし、と、一般家庭でも即お断りするレベルだから」(女性・34)

「眞子さまは一般人ではなくお姫様である以上、身分違いの恋は諦めて欲しい」(女性・38)

「自由と責任は比例するものです。自身の自由を尊重した行動によりどのような問題が起きても全て自身で対処するという意思があれば、相応の責任を負う必要があります。それがあってこその自由の享受です。お二人の意思を通されるなら相応の責任として取るべき行動があります。それをせずしてこの結婚は不可能です」(女性・38)

「母親の問題は放置してアメリカに渡り、就職もしてないのに結婚しようとするのは、一般人でも非常識」(女性・39)

「『多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで』というお言葉に秋篠宮さまの苦悩を感じます。秋篠宮さまのおっしゃる通り、多くの国民が納得できるような行動を小室さんにはとっていただきたいです」(女性・39)

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。