記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:NTTドコモの20GB/月額2980円プランは何を変え、壊すのか。ahamoのメリットとデメリットを解説しつつ、未来を紐解く【コラム】

1/2

衝撃の格安通信料金プラン「ahamo」とモバイル業界の激変について考えてみた!

ついにNTTドコモが12月3日に動きました。既報通り、同社は「今後の料金戦略に関する発表会」を開催し、データ通信容量20GBで月額2,980円という衝撃的な価格設定の新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。ahamoとは「未知の物事を理解するアハモーメント」や「なるほどの相槌の『Aha』」、「アハハと笑う『アハ』」、これらから取られたネーミングです。

これまでも総務省による移動体通信事業者(MNO)の料金値下げ要求を受け、KDDIやソフトバンクがそれぞれ「UQ mobile」や「Y!mobile」といったサブブランドで月間高速データ通信容量20GBで月額4,000円前後のプランを発表していましたが、NTTドコモが発表したahamoはその水準よりもさらに1,000円以上安い価格設定です。

これまで「NTTドコモの料金プランは高い」というのが一般的な印象であり、実際も各種割引施策を多用したり、利用容量を大きく絞らなければ安価な運用は困難でした。しかしながら、ahamoでは一切の割引なしに超低価格を実現しています。

なぜこれだけの低価格を実現できたのでしょうか。そして今後のモバイル業界はどう動いていくのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はahamoの詳細や料金設定を中心に、モバイル業界の今後について考察します。

as-157-002
ahamoは人々が「なるほど」と理解し、笑顔になれる料金プランとなれるか

■新世代の料金プラン「ahamo」


はじめに、ahamoについて簡単にまとめておきます。
■ahamoプラン

・2021年3月提供開始予定

・オンライン契約専用プラン

・20歳以上限定(親権者が契約し、20歳未満の親権対象者を利用者登録することは可能)

・月額2,980円(割引施策なし)

・データ通信容量20GB

・5G・4G通信対応

・5分以内の国内通話が何度でも無料

・データ容量超過後は1Mbpsで使い放題

・データ容量超過後は1GB/500円で高速通信を何度でも追加可能

・海外82の国および地域でも20GBのデータ通信を利用可能

・オンライン契約のみで店舗取扱いはなし

・キャリアメール(docomo.ne.jp)非対応

・月額1,000円で国内通話かけ放題オプション追加可能

・SIM(UIM)のみの契約もOK

・本プランに対応するスマートフォン(スマホ)は順次発表予定(SIMフリースマホなど)

・NTTドコモとしても本プランに対応するスマホを順次提供予定

■キャンペーン施策

・提供開始日の前日までに先行エントリーを行うとdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントを進呈

先行エントリー受付:https://www.ahamobile.jp/

※各種料金はすべて税抜表示

詳細は公式Webサイトにおける報道発表を参照
2019年に発表された料金プラン「ギガホ」および「ギガライト」の際にも、NTTドコモが思い切ったシンプルな料金プランを出してきたと感じましたが、今回の衝撃はその比ではありません。

総務省が指針として提示していた数字は20GB/月額4,000円前後であり、KDDIやソフトバンクもサブブランドながらそれにならう形で料金プランを提示していました。しかしながら、NTTドコモが出してきたプランはさらに1,000円安い月額2,980円です。

しかも、データ利用量超過後も1Mbps通信が使い放題である点などは上位プランとなるギガホと同等であり、さらに5分以内の国内通話無料に関しては、ギガホであれば月額700円のオプションプランとなっているものです。

毎月のデータ通信利用容量が20GB以内で、なおかつ通話も常に5分以内に済ませてしまうような人であれば、もはやこの料金プラン以外を選択するメリットがないほどです。

as-157-003
NTTドコモ渾身の料金プラン「ahamo」。井伊基之社長も自信の笑顔だ

ahamoのメリットはこれだけではありません。

KDDIやソフトバンクがサブブランドであるUQ mobileやY!mobile向けに提供予定の新料金プランの場合、サブブランドであるために5Gが利用できませんが、ahamoはNTTドコモのブランドとなることもあって4Gに加えて5Gも利用できます。

発表会に登壇した同社 代表取締役社長の井伊 基之氏も壇上で「ドコモブランドの高品質な通信」を強くアピールしており、MNOのみならず、仮想移動体通信事業者(MVNO)も含めたモバイル通信各社へのアドバンテージとしたい考えです。

as-157-004
仮に同じ4Gであっても、NTTドコモ本体とNTTドコモ回線を利用したMVNOでは回線品質に圧倒的な差がある

■安さの秘訣はサポートの薄さとキャリアメールなどへの非対応


では、なぜこのような衝撃的なほどに格安の料金プランを生み出せたのでしょうか。もしくは、なぜ今まで生み出せなかったのでしょうか。その答えは「徹底したコスト削減」にあります。

まず、ahamoはオンライン契約専用プランであるという点です。ドコモショップなどの実店舗では一切取り扱いません。もちろん、ドコモショップが独自に取り扱うケースも出てくるかもしれませんが、少なくとも現時点においてNTTドコモとしてはオンライン契約専用プランとして扱う予定となっています。

契約にかかる人件費などのコストを徹底的に抑えるためにオンライン手続きのみとし、さらにそういったオンライン手続きを自分自身で問題なく行えるだけのモバイルリテラシーやネットリテラシーを持った消費者を対象としたプランであるということです。

例えば、実店舗では料金プランや契約内容、さらに端末の操作や利用方法についての相談やサポートを行っていますが、ahamoではそういったサポートを原則として受けられません。

店舗へ相談に来た場合は無碍に追い返したりはせず一応受け付けるとのことですが、そういった対応は特例扱いであり、標準的なサポート内容には含まれません。そのため、これまでの同社のサービスとは異なり、場合によっては有料となるケースも考えられるでしょう。

ahamoではMVNOと同じように、自分でSIMカードの交換や通信設定が行なえ、各種アプリの管理や保守も自己責任で行えるユーザーがメインターゲットとなります。NTTドコモはこれを「デジタルネイティブ世代にフィットしたプラン」と呼んでいます。

as-157-005
誰かにやってもらうのではなく、「自分でやれる人」が対象だ

とはいえ、ユーザーサポートをまったくしないわけではありません。

ahamoでは利用状況や契約内容の照会、支払料金の確認などが行えるスマホなど向け専用アプリの提供が予定されています。これは現在、NTTドコモが提供しているスマホアプリ「My docomo」と酷似した機能や仕様となっており、そのアプリ内からオンラインにて各種サポートを受けられるようになっています。

as-157-006
My docomoではなく専用アプリが用意される理由は、後述するように元々サブブランド展開が考えられていた名残かもしれない

徹底したコスト削減はキャリアメールが使えない点にも現れています。

ahamoではNTTドコモのドメイン(docomo.ne.jp)のメールアドレスの発行が行われないだけではなく、すでにNTTドコモのメールアドレスを持っていてもahamoへプラン変更をした時点で利用できなくなります(NTTドコモ広報部へ確認済み)。

前回の本連載コラムで、キャリアメールの持ち運び制度やキャリアメールの運用コストについて執筆しましたが、まさにNTTドコモはこれを大きなコストと考えたのです。
【過去記事】秋吉 健のArcaic Singularity:メールの呪縛を解き放て!総務省が提言するキャリアメール持ち運び案の意義と現状の問題について考える【コラム】
業界動向やNTTドコモのお家事情を裏読みするならば、本来はサブブランドを新設して運用する予定であったものが、直前に武田 良太総務大臣から「新料金プランをサブブランド展開することはけしからん」と苦言を呈されてしまったことから急遽、NTTドコモのメインブランドで展開する流れとなったために仕様変更が間に合わなかったとも考えられます。

また総務省が策定した「アクション・プラン」に従い、キャリアメール持ち運び制度を活用するにしても計画では2020年度末までに「検討」を行うことが示されているのみであり、そこから持ち運びの具体的な方法(ドメイン移管なのか、それともリダイレクトなのか)の選定やシステムの構築、さらに他社との協議などを待っていたのでは、2021年3月というahamoのスタートには全く間に合いません。

いずれにしてもキャリアメールの提供と運用が大きなコストであると考えられていたことは間違いありません。

as-157-007
簡潔で低料金なオンライン契約専用プランを早期に実現させるためには、キャリアメールを捨てる以外なかった

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。