記事

宇宙に命はあるのか・はやぶさプロジェクト 

宇宙に命はあるのか・はやぶさプロジェクト

[画像をブログで見る]

今日は、宇宙探査の関係者にとって記念すべき日になったようです。私は、文系の人間で物理や化学、宇宙、科学などについて関心はあるものの基礎的な知識を持っていません。

それでも、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、初代のはやぶさが小惑星「イトカワ」に到達して太陽系外から物質を持ち帰ったのに続いて、今回のはやぶさ2が「リュウグウ」の砂を持ち帰ることに成功した(実際にはオーストラリアの砂漠からカプセルを回収する仕事が残っている)ことを、わくわくしながらネットの同時中継で見守っていたのは、小野雅裕NASAジェット推進研究所研究員が著わした「宇宙に命はあるのかー人類が旅した一千億分の八」(SB新書・2018年2月発行)を読んだことにあります。

小野さんは、この本の最初に、アインシュタインの「イマジネーションは知識より大事だ」という言葉を掲げ、最後に「この旅で最も伝えたかったのは、イマジネーションの力だ」と書き、「人が想像できることは、すべて実現できる。」というSFの父、ジュール・ベヌルの言葉を紹介しています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」は今日(令和2年12月5日)午後2時半ごろ、小惑星「リュウグウ」の砂が入ったとみられるカプセルを分離し、地球に投下するのに成功しました。カプセルはその後、大気圏に突入し、6日午前3時前に、オーストラリア南部の砂漠に着地する見通しで、宇宙に残ったはやぶさ2は軌道を変更して地球圏を離脱し、また、新たな別の小惑星の探査に向かうようです。
https://www.youtube.com/user/jaxachannel

[画像をブログで見る]

はやぶさ2には、以下のようなミッションがあったようです。

・複数の探査ロボットの小天体(今回はリュウグウ)への投下
・天体着陸精度60センチメートルを実現
・人工クレーター作成とその過程、作成前後の詳細観察
・1機の探査機が同じ天体の2地点に着陸
・地球圏外の地下資源にアクセス
・最小/複数の小天体周回人工衛星を実現

はやぶさ2は、今から6年前、2014年(平成26年)12月3日、種子島宇宙センターから打ち上げられ、地球から約3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」に到達、資料サンプルを地球に持ち帰るために飛行した距離は計52億キロを超えるということです。隣の人の心も管制できない素人では、まったく想像も出来ないことです。

宇宙航空研究開発機構は、国際機関と緊密な協力体制を築いており、今回の成功時にも、ドイツやアメリカから多くの祝辞が届き、今後の協力に対する期待感も示されています。

日本と近隣各国との関係は、必ずしも良好ではなく、ともすれば核兵器を含む武力を背景にした神経戦を繰り広げているように見えます。その対立の背景には、今日に至るまでの歴史的経緯があることは間違いのないことです。日本が明治維新を成し遂げる以前から、豊臣秀吉の時代から、隣国である朝鮮半島を常に侵略や討伐の対象として来ました。植民地支配の終焉からわずか75年しか経過していません。こうした経緯を乗り越え、日中韓が相互に協力できるような国民的和解の知恵がないものかと思います。

今回のような、地球と宇宙という関係の中で各国(人類)が協力している美しい姿を、聞くにつけ見るにつけ、強くそう思います。

あわせて読みたい

「はやぶさ2」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  4. 4

    ひろゆき氏「政治家が幸せになりたいだけ」議員定数は増やすべき? 稲田朋美氏と議論

    ABEMA TIMES

    01月18日 09:12

  5. 5

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。