記事

騒動に揺れる小林麻耶 その仕事ぶりはプロそのものだった

降板騒動に揺れる小林麻耶

 小林麻耶(41才)が注目の的となっている。朝の情報番組を降板したかと思えば、その経緯をYouTubeでにこやかに語り、その様子が話題に……。彼女はいったいどこへ向かうのか、放送作家の山田美保子さんが分析します。

【写真】黒の和服を着た小林麻耶

 * * *

『恋のから騒ぎ』出演からTBS女子アナ内定まで、ブレないキャラ

「小林麻耶チャン、大丈夫かな?」

 この10日余り、どれだけ多くのタレントさんから、このように聞かれたことでしょうか。その顔は、心配で心配でならない……というものばかりで、決して興味の対象としてはいないものだと見受けられました。さらに、「かける言葉が見つからない」と。「大丈夫?」でもなければ「頑張って」でもないというのです。

 かく言う私も今回、麻耶チャンについて書くか否か本当に悩みました。実は麻耶チャンにごく近い何人かのかたと「どうしたものか」とメールや電話でやりとりもしましたが、残念ながら答えには至りませんでした。そうした会話に私が加わっていたワケは、彼女が初めてテレビ出演した『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)で私が構成者のひとりに名を連ねていたからにほかなりません。

 最終オーディションの日のことは、いまでも鮮明に覚えています。明石家さんまサン(65才)も出席し、丸一日かけて100人ほどの“未来の恋からガールズ”と対面する日。麻耶チャンは一緒に受けていたと思われるお友達と隣り合わせで座っていました。

 麻耶チャンは、女性政治家が着るようなパステルカラーのスーツに身を包んでいたせいか、年齢よりもずっと老けて見えました。なのに「年よりも若く見られるのが悩み」と。さんまサンに「年相応に見えるで」と一蹴されると、大きな目をさらに大きく見開いて、「エ~~~!」と高音で叫び、同時に大げさにのけぞった麻耶チャンは「合格」でした。

 果たして年度が替わり8期生(2001年度)として出演することとなった麻耶チャンは、前列の最上手(向かって、いちばん右側)が定位置となり、ほぼ皆勤賞で出演してくれました。

 名場面として、その後も何度か日テレでリプレーされたのは、ぶりっ子が過ぎる麻耶チャンに怒ったゲストの泉谷しげるサン(72才)が座っていたハイスツールを掴み、麻耶チャンに向けて投げる寸前までいったシーン(もちろん、泉谷サンはオーバーに演じてくださっただけですが)。

 一方、さんまサンは、何度「か~わ~い~い~」と言い、メロメロになったことでしょうか。もちろん、それも番組上のことですが、一般人の“恋からガールズ”には気になることであるようでした。われわれスタッフが見ていないところでは、いろいろあったのかもしれませんが、麻耶チャンはキャラを守りながら出演し続けてくれたのです。

 その途中に出たのがTBSのアナウンス試験の内定でした。当時、採用担当アナだった小島慶子サン(48才)が「から騒ぎ」を見てくれていて、「あんな子に来てほしいと思った」と、小島サン本人から聞いたことがあります。

 想い出話が止まりません(汗)。その翌年、「から騒ぎ」の前列センターに座り、これと言った恋愛エピソードもそうはない中、やはり1年間、頑張ってくれたのが小林麻央さん(享年34)でした。

 姉と妹のキャラは真逆ではないかと思われることばかりでしたが、本当に仲よしで、特に麻耶チャンは麻央さんのことが大好きだった。「クリスマス、彼氏といるより妹や家族と過ごすのが好き」と言う麻耶チャンに、さんまサンならずとも「ホンマかぁ?」と言いたくなったものですが、その後の姉妹の歩みを近くで見ていたら、それは真実でした。

 だからこそ、麻央さんが病に倒れ、当初はそのことがマスコミには伏せられていたとき、麻耶チャンは仕事場では変わらぬ笑顔で、しかし、それ以外の時間をすべて麻央さんに捧げていたのです。そんな麻耶チャンが、『バイキング』(フジテレビ系)の本番中に倒れたときも、当初は“その理由”がわかりませんでした。このあたりからは、皆さんのご記憶にもあるかと思います。麻耶チャンは麻央さんに心配をかけないようにキチンと仕事をこなしながらも、命がけで麻央さんに尽くしていたのです。

その仕事ぶりは「プロそのもの」。決して途中では投げ出さない人

 視聴者の皆さんにどう見えていたかはわかりませんが、TBS時代もプロとして、あらゆるジャンルの仕事を超人気アナとして“ひとりで”こなしていた麻耶チャン。一度、同期の高畑百合子アナ(40才)に「このままじゃ、死んじゃう」と弱音を吐いたと聞きました。それでも、ずいぶん社歴を重ねてからも、新人のように体を張った仕事をこなしてきました。

 フリーアナとなり、「セント・フォース」に所属してからも、当時後輩だったTBSアナの山本里菜サン(26才)と某コンビニのWebCMにぶりっ子丸出しで出演したり、同じく後輩で麻耶チャンとキャラがかぶっている寺田ちひろサン(32才)に珠玉のアドバイスをしたり……と、麻耶チャンは「プロフェッショナル」だった。

 決して、途中で投げ出すことなんてなかったし、フリーになった直後に担当した報道番組が1年で終了してしまったときも彼女は本当に悔やんでいたのです。繰り返します。彼女の仕事ぶりは「プロそのもの」だったのです。

 だからこそ、今回のさまざまな報道を『バイキングMORE』(フジテレビ系)で扱うことになった際も、麻耶チャンは『直撃!シンソウ坂上』(同)を通じて、ここ数年の心情を特に親身に聞いてくれていた坂上忍サン(53才)にメールで真相を伝えています。直近の仕事の流儀も「プロ」なのです。ですから、TBSの番組を降板した背景には、麻耶チャンの心が揺れに揺れてしまう、よほどのことがあったと私には思えます。

 以前、私が新聞のコラムで「小林麻耶はもう大丈夫」と書いたときは麻耶チャンが「生島企画室」に入ったタイミングで、麻耶チャンもその内容をとても喜んでくれました。でも100%「大丈夫」ではなかったのかな……と。

 最愛の妹さんが自分の傍らからいなくなってしまってから、麻耶チャンの時間経過が、夫の市川海老蔵サン(42才)よりも遅く、時には止まってしまうことも、麻央さんの一周忌、「セント・フォース」さんが尽力して開いてくださった「偲ぶ会」の席でも目の当たりにしました。

 いま、麻耶チャンが、ご主人の「あきら。」さんに寄り添っているときがもっとも安らぐのは厳然たる事実。そのご主人が麻耶チャンの仕事場にいらしていたことも、私は言われているほど変なことだとは思っていません。

 この10日余り、私がお話しした人たちは麻耶チャンの幸せを心から願っていました。そういう人たちがたくさんいることだけは忘れずにいてほしい。いずれは、生島ヒロシさん(69才)がおっしゃった「グレート・リセット」を私も望んでいますが「いますぐ」でなくていいと思います。麻耶チャンのペースで、ゆっくり、ゆっくりと。麻央さんのためにも。

構成■山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年12月17日号

あわせて読みたい

「小林麻耶」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。