記事

不妊治療支援拡充議連で菅総理に提言書

昨日、自民党「不妊治療への支援拡充を目指す議員連盟」で取りまとめた提言書を、菅総理にお渡ししました。

提言を取りまとめるにあたり政府に要請をしたり連携を取ってきましたが、菅総理は昨晩の記者会見で、不妊治療について保険適用を2022(令和4)年度からスタートすること。

男性の不妊も対象とすること。

それまでの間、助成制度の所得制限を撤廃し、助成額の上限を2回目以降を現在の倍の30万円とし、一子あたり最大6回までとすること。

これらを来年すぐに実施できるよう第3次補正予算に盛り込むこと。

不育症の検査や、がん治療に伴う不妊についても新たな支援を行うと表明しました。

議員連盟の提言がほぼ全て取り入れられました。

子供を望む方が、経済的負担で不妊治療を断念することなく、安心して子供を産み育てられる社会にしてまいります。

『菅首相 不妊治療助成額引き上げなど「最優先で取り組む」』(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201204/k10012745781000.html

あわせて読みたい

「不妊治療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。