記事

京都造形芸術大学の公開講座「人はなぜヌードを描くのか、見たいのか。」に賠償命令

わいせつ作品上映で精神的苦痛、学校法人に賠償命令 ヌード美術史講座 東京地裁


「京都造形芸術大学(現京都芸術大学) 芸術学舎」による表記の公開講座を受講した女性が、わいせつな動画や絵画を見させられて精神的苦痛を受けたとして30万円の賠償請求認容判決を受けたようだ。

 もっとも、この見出しから一般的に受ける感じは記事を読むとだいぶ中和される。

講座内容を説明するパンフレットには、「芸術の永遠のテーマ『ヌード』を通して美術史を知る」と記載し、複数の講師がオムニバスで実施していた中の二人が、以下のような内容の画像等を使用した。

自らが自慰行為に及ぶ様子を後ろから撮影した動画や、少女が性的暴行を受ける姿を描いた絵画

裁判所はこの画像の一部について「違法なわいせつ作品に当たると判断」したという。

この画像等について、受講生は、「わいせつ作品が講座の中で紹介されるとは予測できなかった」上、講座の受講を大学の単位とするには遅刻や早退をすることなく全講座を受講する必要があったと認定されている。

こうした事実関係の上で、裁判所は「法人側は、わいせつ性や性暴力性のある作品が紹介されることや、途中退室や早退が可能であることを事前に告知する義務」に違反したとして上記判決に至ったわけである。

講師が研究内容として性的なマテリアルを対象に取り上げることは問題がない。それは学問の自由の中心部分である。

教育の内容として性的なマテリアルを取り上げることも、出発点としては問題がない。

しかしながら、教育であれば全て許されるのかと言うと、講師の自由というだけでは済まない要素がある。性的なマテリアルの社会的な許容性にもよるが、上記判決のようなわいせつと評価できる素材は、制約があり得る。


聴衆の方の自由との関係で、何らかの予測可能性があるかどうかとか、受講を余儀なくされる性格があるかどうか、当該講義が置かれているコースというか教育課程の性格などによって、性的な違法マテリアルをそのまま取り上げることが許されるかどうかは左右されることだろう。

今回の事例は、題材が公開講座であったので、受けるも自由、受けないも自由、しかもテーマが「人はなぜヌードを描くのか、見たいのか。」ということであれば、主催者側が許容するかどうかは別として、講師の出すマテリアルを受け入れられないとしても自己責任であろうというのが基本だが、それにしても違法な表現ということであれば何らかの予測可能性を与えられないまま見させられることは、権利利益の侵害と評価することもありうるように思われる。

以上、報道を見た段階での感想である。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  6. 6

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  7. 7

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。