記事

国会機能の低下を嘆く細野氏の指摘は、正しい。ならば、自ら国会改革の旗を掲げるべし

野党再生の要になるはずだった細野氏が国会機能の低下を嘆いている一文に接した。

まさにそのとおりだと思う。

私も、国会を国会らしく機能するようにさせたいと願っている。

そのために何をするか。

指摘自体は正しくても、言うだけではただの評論家でしかない。

政治家は、政治家の世界での過ちを見付けたら何かしら行動する必要がある。

それぞれにしがらみがあり、自由に行動出来ないことが多いだろうが、それでも言うだけで何も行動しないのはよくない。

細野氏は、何かしら行動を起こすべき時だろう。

細野氏は二階派に籍を置いてはいるが、未だ自民党に入党が認められているわけではない。
身動き出来ないでいるご自分の立ち位置が苦しくて堪らないだろうが、自分の思いを直ちに何らかの政治的行動に結び付けられないというのは、実に残念なことである。

細野氏がこのまま朽ちていくのは、実に勿体ない。

そろそろ自分独自の活動を始められたらどうだろうか。

細野氏が新しい旗を掲げれば、それなりに永田町の澱んだ空気や水が動き始めるのではないか。

あわせて読みたい

「細野豪志」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。