記事

JAL機重大事故ニュースに思う。コロナで忘れた明日死んでも悔いのない生き方を

那覇空港でJAL機の重大事故が起きた。離陸後エンジン片方ぶっ壊れ、エンジン1つで那覇に引き返すという大事故が。

一歩間違えば全員死んでいてもおかしくはない重大事故。

他人事とは思えなかった。毎週のようにJALに乗っている。沖縄も何度も行っている。
あの飛行機に自分が乗っていて、もしかして墜落して死んでいてもなんら不思議ではないわけです。

すっかりコロナに気を取られて私も含めて多くの人は、今を生きることを忘れてしまっているのではないか。

日本でコロナで死ぬ確率は、季節性インフルエンザで死ぬ確率より低いのにもかかわらず、すべてがコロナ一色でそんなに気にしていなかったとしても、やはりどこかで行動に制限を設けている。

感染対策はもちろん必要だし、コロナなんてたいしたことねえと行動するのは違うとは思いますが、ただコロナに気を取られて死ぬ確率が低いコロナのせいで、やりたいことができなくなっている間に違うことで死んでしまう方がはるかに可能性としては高い。

その時、やり残したことはなかったと言えるのだろうか? もし明日死ぬとわかっていたら、「だったらこれやっておけばよかった」っていうものが、このコロナ状況下だとたくさんあるのではないか。

コロナなんかではなく事故や自然災害など死は常に隣り合わせにありいつ死んでもおかしくない時代に、コロナだけに気をとらわれて生きていたら後悔してしまうのではないかと。

前述したように、だからコロナまるで気にせずやりたい放題すればいいということではなくある程度の対策は必要だとしても、明日死んでも悔いのない生き方をできているのかどうか、JAL機事故をきっかけに見直してみてはどうと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。