記事

公設秘書の略式起訴で罰金、安倍前総理は事情聴取だけで無罪放免、という相場観をどうやって覆すか

世論がそれで許すか、許さないか、という問題になる。

安倍前総理の公設第一秘書は略式起訴で罰金になる、という報道が相次いでいる。
検察筋が世論の反応を窺うためにそれとなくリークしたような印象だが、私は、国民の関心の高さから言えば、この件は正式裁判に持って行くのが筋だろうと思っている。

告発に基く捜査だろうから、不起訴になれば検察審査会への審査申立てで一般市民の目で見て当該不起訴処分が適正かどうか、相当かどうかなどを検討する余地が出てくるが、略式起訴で罰金が確定してしまうと、一連の捜査が適正で、かつ処分が相当であったか市民の立場で検討することが難しくなる。

金丸裁判の時には略式起訴で処理しようとした検察当局に批判が殺到したものだが、さて今回はどうなるか。

検察関係者の相場観なるものが、今回はどこまで通用するか、ということを知る一つのチャンスにはなる。

私は、秋霜烈日と言われる検察当局の在り方をそれなりに信頼している。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。