記事

本当に医療は崩壊するのか 延命治療決定、人生会議という大切な問題を今まで放置してきたつけ

昨日のNHKクローズアップ現代+からです。

入院患者の高齢化が目立つ第3波。それゆえいわゆる延命治療を行わず中等症のまま死亡、看取りが重症患者からの死亡の6倍にあたるという放送がなされました。そうあの十三病院の例です。死亡するのは基本高齢者主体。それゆえ病院に運ばれて来る患者に人工呼吸器含む高度医療を行うかどうか難しい患者が多いことが理解できます。(逆にこのような状況だからこそ、今のコロナ救急の現場が持っているという話もあります。)

番組中流れた高齢者施設の施設長のこの言葉に私は愕然としました。
>「病院、保健所等から『延命治療をどうしますか』と突きつけられることを想定していなかった。
人生会議の意識のかけらもない言葉です。人工呼吸器をつけるかどうかを家族に確認なんて、病院に入院する時に絶対に決めておくべきこと、いやいつおかしくなるかどうかわからない高齢者が施設に入所した時に決めておくべきことです。延命治療を行うかどうかの判断に絶対的基準がないと言った医師の言葉が身にしみます。

ちなみに延命治療を行うかどうかを選ぶことはどっちを選んでも正しいことですが、エクモの一般的的適応は75歳未満などある程度高齢になればいくら治療しても助かる確率が減ることはどうしようもない医療的に明らかな事実です。

新型コロナ重症者を受け入れている病院に情報なくコロナ患者が普通の救急で来たときの現場の負荷は想像に固くありません。搬送の遅れ 治療開始の遅れなどから今までおこなえてきた医療の施行が困難になること、それが医療者に精神的疲な負担を強いて本当現場は限界に近くなっています。医療者は人間で機械ではないんです。

医療崩壊はしていないという言葉は今は真実でしょう。でもそれは現場で自分のことを犠牲にして頑張っている方たちのおかげでギリギリ保たれているのであって、医療崩壊はしないとみんなが無双をしてしまえば、欧米ほどではないにしろ、医療は逼迫するのは当然です。(それは実際に機能する医療対策を1波の経験を無視してやってこなかった馬鹿な行政の責任でもあります。)

そしてこの医療崩壊危機を回避する一番の手立ては、一人一人が感染しないようにすること。結局マスク、3密回避、手洗い、換気といった個人の対応が一番なのです。

パンデミックは必ず終わるということを信じて動いていきましょう。

ちなみに昨日の重症者数は今までで一番多くなりました。しかし東京のPCR陽性者数は500を切っています。そう対策の効果がまだ出ないはずなのに少なくとも大きく増えていません。そうGoToは正しく行えば関係ないんです

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。