記事
  • WEDGE Infinity

急浮上するベーシックインカム論 理念だけで語るな - 中田大悟 (経済産業研究所(RIETI)上席研究員)

1/2

菅義偉首相のブレーンと目される東洋大学教授の竹中平蔵氏が言及したことから、にわかに「ベーシックインカム」の議論が盛り上がりをみせている。ベーシックインカムとは、政府が、個人に対して、無条件に、一定の現金を、定期的に配る再分配制度のことであるが、そのわかりやすさに支持が集まる反面、寛大すぎるのではないかという懸念を抱く人も多い。実に論争的な制度案である。

実際、竹中平蔵氏が、年金や生活保護などの現行制度を廃止して、月額7万円のベーシックインカムに置き換えることを提案したことにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では賛否が乱れ飛んだ。

ベーシックインカムをめぐる議論は、実はかなり長い歴史を持つ。しかし、専門的議論が盛り上がったのは1960年代からだろう。この時、ベーシックインカムを支持した主要な経済学者は、ガルブレイス、ミード、トービン、フリードマンなどである。また、ガルブレイスのような左派と新自由主義(右派)の中心人物であるフリードマンという、根本の経済政策思想が対極にある経済学者二人も共に賛成していることが、ベーシックインカム論の面白いところである。

これ以降も、左派と右派の双方にベーシックインカムを支持する議論が連綿と続くものの、それを再分配政策にどのように位置づけるのか、という点については全く意見が異なりつづけている。より正確には、左右によらず意見がバラバラで集約されていないともいえる。

具体的な制度論は後回しにする導入論者

おおむね、左派にはベーシックインカムを現行制度に付加する形で導入を主張する人が多いのに対して、右派には年金や生活保護制度などのさまざまな福祉制度を廃止して、その代替としてベーシックインカムを導入することを主張する人が多い。竹中平蔵氏は当然ながら明らかに後者である。これに関連して、給付水準をどのように設定するかという制度の中心的問題についても、意見がバラバラである。ベーシックインカムだけで最低限の生活が営めることを主張する者もいれば、最初は既存制度を補完する程度の少額でも良いと考える者もいる。

どのような制度として導入するかという点は、最も重要な論点であるはずだが、ベーシックインカムの導入論者たちは、この点についてうやむやにしてしまうことが少なくない。背景には、政府が労働を条件としない所得と生活の保障を行うという理念が一致できれば、具体的な制度論は後回しで良いと考えているからだと思われる。

しかし、この同床異夢ぶりは、議論が現実的になったとき、間違いなく対立の火種となる。

左派の導入論者は、ベーシックインカムを国民の権利として位置づけるのだと理念を語る。税財源による再分配は、一般に政府の裁量が効きやすく、財政状況に応じて削減対象となりやすい。しかし、権利として確立すれば、安定した生活保障になりうるという理屈だ。しかし、右派にそのような主張が受け入れられるだろうか。ましてや、財政上の強い制約にある我が国において、単純に再分配を拡大する方向の導入が通るとは思えない。右派の主張するように、既存制度を廃止して、置き換える形での導入になると考えるのが普通だろう。

さらに指摘せねばならないのは、ベーシックインカムを導入した場合に、経済社会にどのような影響が及ぶかという点についてのエビデンス(実証研究)が、非常に不足している点である。

(出所)各種報道等を基にウェッジ作成 写真を拡大

国内のベーシックインカム論者が提示する裏付けとして出てくるのは、「年金や生活保護を廃止したらこの程度の財源が浮き、それを充てればそれほどの負担増にならずに導入できる」という、ザックリとした積算ばかりである。労働供給や格差、教育、健康などにどのような影響が出るのかという統計や理論に基づく推計はほとんどない。

海外に目を向ければある、という意見もあろうが、これも怪しい。一つには、発展途上国における実験などの分析はあるが、先進国におけるものは多くない。すでに福祉国家として諸制度を整備している先進国と、更地に制度を組み立てる発展途上国では、同じような給付であってもその効果は全く異なり、参考とするには限界がある。

もちろん、先進国でも幾つかの事例がある。たとえば産出される石油やガスからの収入を基金として積み立てて投資し、米・アラスカ州のほとんどの住民に配当金として配ったアラスカ永久基金のような制度をベーシックインカムに見立てた研究はあるが、これは税による再分配ではない。いわば財源が天からふってきた制度であり、ベーシックインカムと同列には考えられない。近年、先行的な研究がいくつかスタートしているが、どのような政策含意が得られるかは、今後の課題である。

さらにいえば、ベーシックインカムでは給付が個人に与える影響ばかり議論されるが、そのために必要な巨額の財源調達や、既存の財源の使途の変更によってマクロ経済にどのような影響が生じるのかという分析も圧倒的に不足している。

仮に一人月7万円とすると、総額で年間100兆円規模の予算が必要となるが、その財源を法人税、所得税、消費税のいずれに求めるのかによって国内経済への影響は大きく異なる。課税と経済のパフォーマンスの関係性は、そもそも経済学のメインテーマのひとつであるが、これだけ大規模な変化を起こせば、どうなるのかということにまでは分析が及んでいない。

また、既存の社会保障制度や再分配制度を廃止してベーシックインカムを導入した場合には、再分配に大きな影響がでる。米国での研究では、中間所得層には恩恵が広く及ぶものの、高齢者世帯や身体障害者などの福祉ニーズの高い世帯は生活水準が低下することが示唆されている。わが国においても、精緻なシミュレーション分析の積み重ねが必要となる。

このように具体的な実証がなされないまま、理念を前面に押し出したベーシックインカム論は、ある種の思想運動の域を出ていないものだろう。

あわせて読みたい

「ベーシックインカム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  9. 9

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  10. 10

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。